少女漫画

【2022年版】長編のおすすめ少女漫画100選を一挙に紹介!

2021年7月12日

こんにちは、みけさんです!

今回は長編のおすすめ少女漫画をまとめて紹介していきます!

長編の少女漫画には長く連載されるだけの面白さの裏付けがあります!

ジャンルは王道の少女漫画からファンタジーもの、大人向けの女性漫画まで色々な作品を織り交ぜてみました。

100選も長編の少女漫画を集めてみましたので、読んだこのある作品も読んだことのない作品もあると思います。

長編の少女漫画をお探しの方は是非参考にしてみて下さい!

それでは、行ってみよう!
【2022年版】人気おすすめ女性漫画100選!大人の女性の魅力がタップリ!

続きを見る

目次

長編の少女漫画100選

青空エール

みんなの夢を応援したくなる!

小学生の頃、テレビで白翔高校のブラスバンド部が甲子園で応援しているのを見てから、それに憧れていたつばさ。高校は白翔に入学し、ブラスバント部に入ります。名門の白翔高校には初心者はほどんどいない中、つばさは初心者でトランペットを始めます。周りからも無理だと言われ続け、ネガティブですぐに落ち込んでしまうつばさを、いつも励ましてくれるのは、同じクラスの野球部の大介くん。大介くんは甲子園でプレーすること、つばさはアルプスから野球部の応援をすることを目標に、ふたりで励まし合いながら、一緒に甲子園を目指します!

ネガティブですぐに泣いてしまうつばさを、いつも前向きに励ましてくれる大介くん。ふたりで励まし合っている姿がとてもステキです!同じ目標を持っている仲間だと思っていたふたりですが、お互いに好きな気持ちに気付きながらも、目標をかなえるために関係をそのままに、でも今まで以上に応援しあい、成長していく姿が本当に青春っていいな!と思えます。吹奏楽部や野球部の仲間も、クラスメイトもステキな子ばかりで、こんな高校生活を送りたかったと思いながら、みんなの成長を楽しめました。何度も挫折しながら、少しずつ夢に近づいていくふたりを応援したくなるステキなお話です。

 

アオハライド

思春期特有の感情や思いが爆発!

主人公・双葉は高校1年生。双葉は、中学の時に好きだった、田中君という男の子のことを未だに忘れられず、引きずっている女の子。ある日双葉は、高校で同じクラスの女友達と共に廊下を歩いていると、田中君そっくりの男子を見かける。すれ違った男子は、背格好も、声も、田中君とは全然違う。でも双葉は、何故か彼が気になり、後を追いかけることにする。しかし彼は、同級生たちから「馬淵」と呼ばれており、双葉は「田中君じゃなかったみたい。彼に声をかけなくて良かった」と思う。しかしその日の帰り道、例の「馬淵」と地元で出会う双葉。馬淵は、とある神社に立ち寄る。その神社は、双葉が昔田中と雨宿りをした神社だった。

とても美人で友達想いな主人公・双葉がとある事件をきっかけに、わざとガサツな女の子を演じるようになる。しかし、双葉は恋をしてから、シャンプーを変えてみたり、化粧を始めたり、少しずつ女の子らしくなっていく。その過程が、見ていてとても楽しい。高校2年生に進学した双葉の新たな友人、牧田や村尾も、はじめは双葉とは共通点が皆無で、全然仲良くなれない。しかし、高校でのオリエンテーションをきっかけに、段々と絆を深めていき、やがて大切な仲間となっていく。まさに青春を丁寧に描いている良作だ。是非沢山の人に読んで欲しい少女漫画だ。

 

暁のヨナ

強く生きていく少女の旅の物語!

高華王国の姫ヨナは、国王の娘であり、安全で平和な城内で大事に育てられた。幼馴染でヨナの専属護衛ハクと思いを寄せている従兄のスウォンと共に、これからも平和な日々を送ると思っていた。しかし、ヨナの16歳の誕生日、スウォンによって父が殺されてしまう。ヨナは現実を受け入れられないまま必死で逃げるが、その途中で捕まってしまい殺されそうになる。その時、この事態に気づいたハクがヨナを命懸けで守り、城からの脱出に成功する。父と帰る場所を失い絶望に沈むヨナだったが、ハクの故郷・風牙の都で人の温もりを知り生きることを選択する。ハクと共に旅に出ることを決意したヨナは様々な経験を経て強く成長していく!

今まで大切に守られてきた温室育ちのヨナが一晩で全てを失い、失った物を取り戻すかのように人と関わり成長していきます。今まで見ようとしなかった現実を直視することで、生きていることの奇跡や大切さについて学んでいく姿が心を熱くします。料理は当たり前に出てきますが、実際はたくさんの命を殺して、それを頂いている。そんな当たり前のことにすら気づいていなかった。それはヨナだけではなく、私たちにも当てはまることだと思います。また、誰かを思う気持ち、それはどんな人でも同じであり、国境は関係ない。誰かを助けたいと、そのために強くなりたいと思うヨナの姿は非常にカッコよく感じました。このような当たり前のこと、暖かい気持ちを教えてくれる作品になっています。

 

赤髪の白雪姫

どっぷり浸かれる王宮ファンタジー!

白雪は髪の色が珍しい赤色で、それによって危険な目に遭うことも多かった。元々は隣国タンバルンに住んでいたが、タンバルンの王子の愛妾となるよう言われ逃げた時にクラリネス第二王子ゼンと出会い、その繋がりが広がりクラリネスの宮廷薬剤師として働くようになりました。ゼンをはじめ、様々な人との繋がりが白雪の人生を大きく変えていき大きな世界へと広がります。クラリネスで自分の居場所を探し、見つけていく白雪とその周りの人たちとの出会いが素敵な縁となってストーリーが次々と進んでいきます。それぞれの立場が変わっても大切なことは変わらず突き進む白雪やゼンの姿は見ていて眩しいです。

ストーリーが進んでいく中で、白雪やゼンを始め周りの全てのキャラが成長していく姿は飽きることなく次々と引き込まれていきます。登場人物全てが素敵な人ばかりで嫌な気持ちになることがありません。絵も丁寧で綺麗で、特にドレスや城、夜空などはうっとりするほど圧巻です。白雪とゼンと関係も気になるのはもちろん、その周りの人物との関係も全て重要で話の内容もとても作り込まれていて物語の世界にどっぷりハマってしまいます。言葉選びもとても上品で憧れの気持ちが読み進めるうちにさらに強くなっていきます。今後もますます目が離せません!

 

アシガール

若君一直線の平成少女

平成生まれの女子高校生・唯(ゆい)。勉強も部活もそれなり。弁当は女子らしさゼロの”おっさん弁当”。「彼氏」という言葉は彼女の辞書には存在しない。「足の速さ」だけが、唯一の取り柄だった。そんなある日、唯の弟・尊(たける)は、自宅の倉庫で”あるモノ”を試作していた。それは、刀型のタイムマシン。刀を抜くことで、タイムスリップしてしまうのだ。そんなこととはつゆ知らず、唯はその刀を抜き、タイムスリップ。気がつくと、キレイな満月。と思ったのも、つかの間。全く知らない男達に囲まれていた。殺されないように「足軽」に変装した唯は、なんとかその場を離れる。しかし、晩ご飯を食べずにタイムスリップした唯。空腹すぎて、目の前の毒キノコを食べそうになったその時、運命の相手・若君に出会うのであった。

「タイムスリップ」と「恋愛」が合わさった、歴史好き&少女漫画好きにはたまらない作品。作者は『高台家の人々』『ごくせん』の森本梢子さん。両作品とも、映画化・ドラマ化されている。タイトルの『アシガール』は”アシガル”の”ガール(女の子)”で、パンチが効いている。タイムスリップする時代は、歴史の王道・戦国時代。まず、ここが歴史好きにはたまらない。次に、女子高生が、ただタイムスリップするだけではないことも、魅力の1つだ。”アシガル”になって戦うのだ。愛する人を守るために。そういった、主人公・唯の”まっすぐさ”に心揺さぶられる。1人の人間の”純粋な恋心”の威力を感じる。本作品も、NHKでドラマ化されている。興味がある方は、見ていただければ幸いだ。

 

いつかティファニーで朝食を

朝食で見つける本当の幸せ

長年、同棲してきた相手との関係に違和感を覚える主人公。同性するときに決めた約束が守られないことに不満を感じます。約束、それは「一緒に朝食を食べること」でした。お互い仕事に忙しく、馴れ合ってしまっていた関係や自分の理想と現実の違いに落胆し離れることを決意します。1人になり理想だった美味しい朝食を、日々の生活を楽しめるようになった主人公でしたが仕事に恋に悩みは尽きません。アラサーにのしかかる結婚、出産、出世や家族のこと。様々な悩みや問題の中でふと思う、本当の幸せとは何なのか?同じく迷いながらも自らの人生を頑張る友人たちと一緒に朝食を通して見つけていく物語です。

アラサー女子なら1度は経験ある出来事や悩み、問題をテーマに描かれているので同世代の女性なら共感できるストーリーがたくさんあります。主人公を含め、4人の女性の心理描写が丁寧に細かく描かれているので自身に重ねて読むことができ自然と感情移入しています。アラサーならではの恋愛の悩みだけではない、家族や仕事での悩み、葛藤に思わず涙が出てくるストーリーもありました。登場する朝食も実在するお店のメニューなので気になったら実際に行くことができるのも嬉しいポイントです。登場人物たちの食リポがとても上手で空腹時に読むと簡単に飯テロされちゃいます。

 

うそカノ

ウソから始まる天然女子と完璧主義男子のラブストーリー!

すばるは同級生の入谷にずっと片思いしていた。ある日、入谷が「彼女のふりをしてくれる人」を探していることを知ってしまった。そこですばるは入谷のうそカノに立候補することにした。今まで話すこともできず、遠くで見ているだけだったので、入谷との接点が持てたことにすばるは喜んだ。シャーペンを交換したり、一緒に下校したり、デートしたり、恋人らしいことをするようになった。入谷が笑っていると自分もうれしく感じ、いつか本物の彼女になれたらと願っていた。しかし、ひょんなことから入谷がうそカノを必要としている理由を知ってしまう。うそから本物になれる日が来るのだろうか。

最初は初恋の女性のためにウソの彼女を探していた入谷でしたが、いつの間にかすばるを溺愛していくようになります。勉強はできるけれど、人の感情の機微に疎く、無自覚にすばるのことを不安にさせていました。すばるにどれくらい自分のことが好きか聞かれても上手に誤魔化すこともできず、すばるが自分を好きなほどには好きじゃないと素直に応えてしまいました。しかし、すばるに近づく男にはちゃんと嫉妬し、すばるとのデートを完璧に成功させようと努力もするようになりました。すばるが望んだようなお互いが大好きな両思いの本物の彼女になることができて、本当に良かったと思えました。かわいいお話が多くて、2人の恋を純粋に応援したくなる作品でした。

 

嘘解きレトリック

「人のウソが聞き分けられる」少女の探偵劇!

時は昭和初年、人のウソを聞き分ける能力を持った少女・浦部鹿乃子は、その力のせいで疎まれ、生まれ故郷を出ることに。辿り着いた九十九屋町でぐうたらな貧乏探偵・祝(いわい)左右馬と出会い、その能力を買われて探偵助手の職に就くことに。方々に借金を作っては踏み倒しているだらしない左右馬だったが、その推理力はピカイチで数々の難事件を解決していく!そんな左右馬に憧れを抱きながらも、人の嘘と向き合うことで葛藤する鹿乃子。一方の左右馬もその頭の良さで邪険にされた過去があり、誠実な鹿乃子に心を開くようになる。2人はそれぞれ自分の能力に悩みを抱えながらも、次第にお互いを信頼するようになり、生きるとは何かを知るのだった。

鹿乃子は着物におかっぱ眼鏡という非常に地味な女性で、かつ能力を卑下して暗い性格だったのですが、九十九屋町での様々な出会いを通じて、自分の正義感や能力に正面から向き合うようになる様子には非常に感動しました。一方の左右馬も推理能力が高すぎるが故に周りに疎まれて、自己防衛のためだらしない性格になってしまったというのがとても悲しかったです。彼らのもとにやって来る数々の難事件も、左右馬が非常に分かりやすくカラクリを説明してくれるので読んでいてとても分かりやすかったです。鹿乃子と左右馬の関係性が次第に進展していく様も読んでいてとてもドキドキしました!

 

王子が私をあきらめない!

度を超えた王子とごく普通の庶民の学園ラブコメ

私立王冠学園高等部の生徒会長『一文字初雪』は、元華族と財閥総帥の両親を持つ文武両道・才色兼備の超絶エリートイケメン。そんな彼が恋をしたのは、社宅育ちの庶民派『吉田小梅』。ただでさえ慣れないセレブ学園生活を送っている小梅にバラを咲かせながら熱烈アプローチを続ける初雪。学園の王子様である初雪を護衛するかのように妨害する生徒たちだが、次第に小梅の庶民ならではの心に絆されていく。そしてそんな小梅に異性として惹かれる初雪の幼馴染『椿』や、初雪の婚約者である『あかり』とのWライバル関係で、小梅は自分の中の初雪に対する気持ちの変化に気が付いていく。

セレブと庶民の格差恋愛というよくある設定ではあるが、とにかく初雪の王子様具合がぶっ飛んでいて面白い。背景にバラなどの花を背負うのはよく見るが、本当にバラを周りに咲かせたり、花びらで埋まったりするのはあまり見ないと思った。その花びらで「あら、初雪様が喜んでいるのね」と当たり前のように日常会話をしている生徒たちの認識もぶっとんでいるなと思った。小梅は本当に優しい子で割とみんな序盤で「いいやつだな」と心を許していくのに、副会長だけはずっとライバル視しているのが初雪への異常なくらい強い忠誠心を感じてキャラのぶれなさを感じる。最終的にはハッピーエンドになるんだろうけど、副会長だけはずっとこのままでいて欲しいと思った。

 

オオカミ少女と黒王子

オオカミ少女は真っ直ぐ一途な女子高生!

主人公・篠原エリカには自分の見栄のために嘘をついてしまう悪いクセがある。高校に入学した花は新たな友達作りで、恋愛経験のない自分には畑違いなギャルグループに入ってしまう。会話の話題は彼氏の事ばっかりで、恋愛経験のないエリカは彼氏がいると嘘をついて有りもしない恋愛話で話を合わせていた。そんなエリカだったが恋愛経験がないために彼氏がいることを徐々に友達から疑われることに。焦ったエリカは街で見かけたイケメンを思わず盗撮してしまい、そのイケメンの写真を見せて彼氏だと嘘をついてしまう。しかし、その写真のイケメンは同じ学校に通うモテ男・佐田恭也だった?!恭也に嘘がばれたエリカだったが、佐田の優しい笑顔にほだされて理由を話して彼氏の振りをしてほしいとお願いする。彼氏の振りをしてもらう事を了承してもらい喜んでると……「じゃあ3回まわってお手からのワンだな」。実はこのモテ男の正体は根っからのドS王子で……。

佐田のドSっぷりは少し引いてしまうほど強烈なものですが、時折見せる優しさや男気にキュンキュンしてしまいます!また、そんなドS王子の命令を聞くエリカもかなり振り切った所があり、犬になりきって投げられた棒を必死で探すシーンはかなり印象的でした(笑)。しかし、エリカもただ大人しく従っている訳ではなく、正面から噛み付いたり、ドSの佐田に振り回されたりと、感受性が非常に豊かで見ていて面白かったです!嘘から始まった恋ですが、お互いの存在が徐々に掛け替えのないものへと変わっていく様子は見ていて優しい気持ちになれます!

 

狼陛下の花嫁

バイト花嫁と二面性の王様の仮初め結婚生活!

白陽国の下級役人の娘の夕鈴は、お金に困っていた。父親がすぐに借金を作るからだ。そんな時、高賃金で割の良い仕事があると、父親からバイトを紹介された。後宮の下働きだと言われていたのに、ふたを開けてみればあの冷酷非情な「狼陛下」と言われている珀黎翔の花嫁役だった。高賃金だし、お金にも困っていたためバイトを引き受けるか悩む夕鈴だったが、断ろうと陛下の側近の元へ向かう。そこには「狼陛下」とはほど遠い、子犬のように雰囲気の柔らかい、優しげな陛下の姿があった。そんな陛下の秘密を知ってしまったが為に、臨時花嫁を引き受けざるを得なくなってしまった。はたして夕鈴は無事に下町に帰ることができるのか。

下町に住んでいる庶民の夕鈴は、騙されて冷酷非情と噂されている国王陛下の臨時花嫁をさせられることになります。しかし、仕事を始めてすぐに、実は陛下が子犬のようなふんわりした優しい性格の青年である、という国家機密をうっかり知ってしまいます。陛下の本性を知ったことで、国を想いがんばっている陛下のために、自分も協力しようとする夕鈴が、とっても良い子で好感が持てました。人前で陛下といちゃいちゃする仕事は恥ずかしいし、居たたまれないけれど、仕事を全うしようとする夕鈴がかわいかったです。そんな夕鈴に陛下がどんどん惹かれて行っている姿に、きゅんとしました。お互い好きなのになかなか進展しないもどかしい感じも楽しめる正統派な少女マンガでした。

 

思い、思われ、ふり、ふられ

好きだから頑張りたい、青春恋愛群像劇

人見知りで内気な市原由奈は、高校進学で引っ越してしまう友人を見送りに行く途中、子供の頃に絵本で見た王子様に似ている男子を見かける。同じく離れ離れになってしまう友人を見送りに来ていた山本朱里と知り合い、朱里が同じマンションに引っ越してきた同級生だとわかる。それをきっかけに、性格や恋愛観が全く違う二人だが、仲良くなり、由奈が前に見かけた王子様が朱里の弟の理央だと判明する。恋愛未経験の由奈は、理央に対する気持ちが恋であると少しずつ気づき、朱里は由奈には理央を薦められないとしていたが、由奈の初めての恋を応援しようと決める。そして朱里は、由奈が唯一親しく話せる男子で幼なじみの乾和臣と関わっていく中で、少しずつ意識し始め、恋をしていく。

高校生4人の甘酸っぱい恋愛や友情、大人でも子供でもない感じが微笑ましく、見守りたくなります。由奈、朱里、理央、和臣それぞれの関わり方や感情の動き方が気になって、これからどうなっていくのか、4人全員が幸せになる結果になるのか、ドキドキしながら読んでしまいます。高校生だからこそまだ子供っぽい考えや行動をしてしまったり、将来のことを考えていく大人への第一歩でもある立場で決断していく姿が、リアルさもあり、成長を感じさせます。4人が何を思い、誰を思い、何を決意し、どう進んでいくのか、優しい気持ちで最後まで見届けられる作品です。自分の高校時代を思い出し、重ねながら読むのも面白いと思います。

 

俺物語!!

少女漫画界にニューヒーロー現る!

主人公の剛田猛男は身長2mの大柄で、太眉と角刈りの高校生。正義感あふれる剛田は同姓にはモテモテだったが、剛田が好きになる女の子はいつも幼なじみの砂川誠を好きになっていた。高校入学早々、剛田は電車内で痴漢に会っている女子高生・大和凛子を助け、凛子に一目惚れしてしまう。凛子もそのお礼にお菓子を焼いたり、電話番号を聞いたり積極的に剛田にアプローチを続ける。しかし、凛子の態度を見た剛田は凛子が砂川を好きだと勘違いをしてしまう。友人として凛子と砂川の恋を応援しようと決意する剛田。しかし、凛子が好きだったのは砂川ではなく剛田だった。そのことを砂川から聞かされてなお信じれない剛田はある時、凛子の思いを知り……。

主人公の剛田はイケメンとはほど遠い見た目をしているのですが、真っ直ぐで正義感の強い性格は見ていて気持ちが良いです!落ちてきた鉄骨を支えたり、2階から窓ガラス突き破って降りたりと、もはやギャグとしか思えない凄まじい行動の数々は見ていて安心します!また、剛田の友人である砂川はクールなイケメンですが、猛男の前では笑顔を見せるなどの一面もあり、剛田の代わりにイケメン役を担っています。私もどっちかというと砂川君が好きです(笑)。しかし、剛田と凛子の二人が互いに相手を一途に思い合っている様子を見ていると、一度で良いから私もこんな恋がしてみたかったなと羨ましく思ってしまいます!また、凛子の友達が剛田を無理と批判しても、伝え方が悪かったのか?でも好きになって取られたら困る!などと悩んでる姿はピュアで可愛かったです!

 

カカフカカ

だいぶこじれたルームシェア

「自分にはなにもない」と、自分自身に値引きシールを貼り重ねるようになった、自分に自信がない寺田亜希24歳。同棲中の彼氏の浮気現場に遭遇したことをきっかけに家を失い、ルームシェアを始めることになる。そのルームメイトとして現れたのが、中学時代のクラスメイトで、付き合いお互い初めてのHをした相手、本行智也だった。ひょんなことから、その本行がここ2年ほど勃たないEDになっていることを知るのだが、それがなんと亜希には反応するという。ED治療のために添い寝をすることになる2人。そんな2人の関係に、他のルームメイト2人も関わりこじれすぎた展開に!!

自分に価値がないと思っている亜希に対して、「寺田さんしか頼れない」と本行は必要としてきてくれるのです。そんな本行のお願いを断れず、添い寝をすることになるのですが、亜希の心のなかの葛藤と本行の考えが読めない性格が、関係をどんどんこじらせていきます。そんな2人のすれ違いや、感情の変化が見どころです。また、ルームメイトで、小説家の本行がデビューしたときから本行を大好きな栗谷あかりと、ルームシェアをしている家の主、長谷太一も加わり、展開が大きく変わります。ひとつ屋根の下の4人の四角関係なんて今後の展開に注文するしかありません。

 

学園アリス

元気な少女のスクールコメディー!

主人公の蜜柑は選ばれた者しか入れない”アリス学園”に大親友・蛍が入学したのをキッカケに、寂しさから思わず後を追うようにしてアリス学園へと入学することに。普通の人間だと思っていた蜜柑だが、実はある能力を有していたことから無事入学することに成功する。そんな蜜柑の入学に納得がいかないクラスメイト達、初めは敵対視していたクラスメイト達だが、蜜柑の真っ直ぐでバカ正直な姿を間近で見るうちに次第に蜜柑と打ち解けていく。どんな事にも一生懸命に取り組む蜜柑、彼女が来てから徐々に学園全体が変わっていく!

蜜柑の天真爛漫で真っ直ぐな性格がとても良く、蜜柑の一生懸命な姿を応援したくなります!また、個性豊かなキャラクターが沢山いるのにも関わらず、どのキャラクターも被ることなく、それぞれが魅力的に見えます!その中でも蜜柑と棗、そして流架の恋模様には非常にキュンキュンさせられました。また、恋模様以外にも、ベアやペンギーなどの動物達と蜜柑の絆なども素敵なストーリーとなっているので、是非注目して読んでみて下さい!!

 

輝夜姫

サバイバルSF恋愛物語

竹やぶで拾われ施設で育った主人公晶は施設での記憶がないのだが、高校生になり施設での家族だった友人に出会うところから物語が始まる。義母と同姓関係を求められ不安定だった晶は家をでて、米軍主催の島でのキャンプに参加する。図らずともそのキャンプにはその島にあった施設で育った子供たちが集まっていた。また、主催する米軍にはキャンプ開催以外の思惑があった。その米軍が派遣したハンターに子供たちは狙われる!狙われるのには理由があり・・・育てられた施設は普通の施設ではない!?有名人に似ている子供!?有名バスケット選手に似ている子供!?果たしてなんの施設だったのか、狙われるのはなぜなのか。竹取物語をベースにした近未来SF作品!

なによりも「竹取物語」をベースにした近未来SF、という他にはないジャンルである。だれもが知っている竹取物語からこんなストーリーが生まれるなんて!と読者は思うだろう。誰もが知っている話がベースにあるからこそ、壮大なストーリーでも引き込まれるものがある。大きな見所は壮大なストーリーに加えて、美しい絵。人物はもちろんのこと衣装や建物の細部にまでこだわっているのはさすが清水玲子先生といったところ。人物の感情表現も素晴らしい。晶が怒る、泣く、といったシーンは作品を数年前に読んだにも関わらず、記憶に残っている。割と長めの巻数であるにも、中だるみすることなく常に緊迫した雰囲気があり、一気読みしてしまう作品である。

 

風光る

新選組好き必見!幕末恋愛漫画!

舞台は幕末の京都。長州派に殺された兄の仇を討つため、主人公の富永セイは、性別を隠して新選組に入隊する。本懐を遂げたのちも、誠の武士となるために組のために尽力するセイ。いつしか志を共にする壱番隊隊長の沖田総司に恋心を抱くようになる。荒くれ者ばかりの浪士に揉まれつつ、セイは力強く成長していく。時代の波に揺られ、様々な事件を経て、ついにセイは沖田と想いをかよわせる。が、すでに沖田は労咳を患い、隊を離れて療養を余儀なくされた。沖田の看病のためセイも隊を離れ、闘病の末に沖田を看取る。沖田の意思のもと、最終的にセイは副長の土方と結ばれる。

一つ一つのエピソードを丁寧に書いているため、時代が進むのはとてもゆっくりです。史実を知っていると、どうしても最後は悲しい終わり方になってしまうので、新選組好きとしては、ゆっくりペースなのはありがたいです。そして、セイと沖田がなかなかくっつかず、なんとももどかしいです。それがまた少女漫画らしく魅力でもあります。ラストは中々の衝撃で、長く追ってきた読者になんとも言えない感情を残して終わったと思います。しかし、この作者の方の漫画は前作も読みましたが、やはり終わり方は何とも言えない感じなので、らしさかなと思います。私は、そういう後に残る漫画も結構好きです。

 

神様はじめました

人間界と異世界で繰り広げるロマンチックファンタジー!

桃園奈々生は、ギャンブル好きの父を支えながら生活を送る女子高生。しかし、ある日突然父が家出してしまう。借金のせいで家を没収され奈々生は帰る家を失った。途方に暮れる奈々生だったが、偶然出会った怪しい男から「私の家を譲ろう」と話を持ちかけられる。男から手渡された地図を頼りに目的地を目指すも、着いた場所は廃神社だった。男に騙されたと思いうなだれたのも束の間、奈々生の目の前に妖怪たちが現れる。実は、怪しい男の正体はこの地の土地神様だったのだ。土地神の位を譲られてしまった奈々生は、男に代わり神様の仕事を務めることになる。

神社を起点としたファンタジーな世界観が魅力的なマンガです。起承転結が明瞭で、作り込まれたストーリーと、ちりばめられた伏線回収は鮮やかで心を奪われます。主人公の奈々生は表情がコロコロと変わり、感情豊かな愛らしい少女です。それでいて、目的のため危険にも飛び込んでいく強い意志には憧れを抱きます。トラブルに巻き込まれながら異世界へと足を踏み入れていく奈々生を見ていると、ワクワクすると同時に応援したくなります。女子高生と妖怪、人間界と異世界との間で繰り広げられるロマンチックな恋愛模様に、夢中になること間違いなしです。

 

カーニヴァル

華麗なキャラクターたちが織り成すカーニヴァルの世界!

腕輪を手掛かりに「嘉禄」(カロク)という人物を探す旅をする主人公・无(ナイ)。彼は旅の途中、ミネという怪しげな女の屋敷に囚われてしまう。そこで无の持っている腕輪は国家防衛機関「輪」(サーカス)の身分証であることをミネから聞かされる。時を同じくしてミネの屋敷に窃盗に入っていた少年・花礫(ガレキ)。隠れて聞いていた会話の一部始終から、无には利用価値があると判断し、偶然出会った无を屋敷から連れ出すことにする。なんとか屋敷の脱出に成功したのも束の間、今度は治安部の人間の罠に嵌められ无はお尋ね者となってしまう。絶体絶命のピンチに陥った二人であったが、そこに「輪」の人間が現れ……?!

世界観が作り込まれていて、現代的な部分と空想的な部分の融合が心地よい作品です。設定が凝っており、それに合わせて描かれる華やかなキャラクターたちの個性溢れる衣装や武器に注目です。丁寧に描かれた装飾品や小物は細部にまでこだわりを感じます。たどたどしくて可愛らしい主人公の无と、口は悪いが面倒見のよい花礫のコンビは、相性が抜群です。ボケっとしているように見えて人の心に敏感な无が、花礫の隠れた感情を見透かす場面では、癒しと安らぎを感じます。また、「輪」が敵と繰り広げるバトルシーンは強く美しく、この作品の大きな見せ場です。バトルが優勢でも劣勢でも、懸命に戦うキャラクターたちの華麗な振る舞いから目が離せません。

 

君に届け

憧れの君に、近づくために。

陰気な見た目のせいで周囲に誤解され、これまで孤立して生きてきた爽子。しかしその内面は超前向きな女の子!そんな爽子は高校に入学し、爽やかな学年の人気者・風早に恋をする。最初は恋とは気が付かず「風早くんのようになりたい」と奮闘する爽子、それがキッカケで少しずつ周囲の誤解も解けていく。念願の友達もでき、ここからようやく爽子の青春がスタート!恋や友情、ライバルと過ごし、人としてどんどん成長していく爽子。3年生になってからはそんな楽しかった仲間たちと別れ、自分がどのような進路に進むべきか頭を悩ませます。誰もが色濃い高校生活の3年間が描かれ、全ての青春が詰まった学園ラブストーリーです。

見どころは何といっても「爽子の成長」。とにかく懸命に、自分の周りで起こること全て真面目に取り組みます。爽子が思いを寄せる風早はみんなの人気者で太陽のような存在。そんな彼はほかの誰も見ようとしなかった爽子の前向きで努力家な一面に惹かれており、それらは自分にないものと憧れを抱きます。人気者と陰気(に見える)少女の恋は順当に進むはずなく結ばれるまで時間がかかりますが、それを支えるのは新にできた友達。どうしても自分を卑下する癖がついてしまっている爽子は、誤解されて友情に亀裂が入ることも。しかしお互いに歩み寄り、また強い絆で結ばれる姿は感動的です。恋だけでなく友情にもスポットが当てられており、青春のすべてを体感できる少女漫画です。

 

きみはペット

キャリアウーマンの癒し漫画

主人公のすみれは実家は名家、東大・ハーバード大学卒の超エリートで、出版社で記者として勤務するバリバリキャリアウーマン。容姿端麗でスタイル抜群、語学も堪能、武術にも通じる非の打ち所のないが、男運がなかったりちょっと間抜けな一面もある28歳。ある日、自宅マンションの近くでダンボールに入った少年を拾い、部屋で匿うことに。若い男の子を幼い頃に飼っていた犬の名前にちなんで「モモ」と名付け、恋人関係禁止、スキンシップ禁止のペットとして飼い始める。奇妙な関係が始まり、彼氏や周りへの説明に苦労しつつも、モモの存在がすみれの癒しとなっていく。

誰もが羨むようなルックスと能力と経歴の持ち主である主人公の人間らしい孤独や悩みや自然体の姿に魅力を感じ、見守りたくなります。周囲から一目置かれる一方で近づきがたいと距離を取られてしまう彼女の心に触れられるモモが癒しとなり、すみれがお世話をしているように見えて徐々にモモが必要不可欠な存在になっていく様子がいいです。ところどころにギャグ要素というか、登場人物たちのボケとツッコミが絶妙な間合いで入っており、テンポよくクスッと笑いながら読めて楽しい作品です。ラストに向けてシリアスな展開が増えていく所では、人生についても考えされられ、最後は感動的です。

 

きょうは会社休みます。

地味な事務職OLの初めての恋愛

主人公は青石花笑 33歳、地味で真面目な事務職OLで恋愛経験はゼロ。そんな彼女は、誕生日当日に酔って正体をなくし、バイトで来ている大学生 田之倉と一夜を共にすることに。恋愛経験の豊富な田之倉は職場でヒッソリかつ積極的にアタックしてくるが、花笑は戸惑い友人に相談する。友人に反対されるし、年の差など気になることはあるが、ゆっくりと初恋を進めてみることにした。地味だった花笑の変化に気付き興味を持った男性が現れる。同じビルに会社があり、そこのCEOである朝尾 35歳。花笑は、どちらの男性を選ぶのか、はたまたどちらも選ばないのか。そして、有休を滅多に使わない花笑が会社を休む理由とは。

主人公 花笑を綾瀬はるか、田之倉を福士蒼汰が演じたドラマの原作漫画です。私は、ドラマがきっかけで原作を読みました。職場で田之倉が、スマートに花笑のフォローに入るだけでも年下ながらもイイ男感が溢れているのですが、そこでコッソリとアタックしてくるという場面では自分のことのように勝手にドキドキしていました。朝尾の方も、人に興味がないと言いながらも花笑の変化にはしっかり気付く。ちょっかいの出し方は、好きだと言えない少年がイタズラするかのような感じで私は好きです。私も大学生の年下彼に迫られたことがあったので、ちょっと親近感が沸いた話でした。

 

薬屋のひとりごと

ツンデレ猫猫vs美貌の壬氏!

舞台は古代中国の架空の国。花街育ちの薬屋の少女・猫猫(まおまお)はある日人攫いに売り飛ばされ、後宮の下働きをさせられる羽目に。揉め事は避けたい猫猫は大人しく過ごそうと決意するのですが、皇帝の幼子が次々と亡くなる事件が発生し、つい首を突っ込んでしまいます。ある日、皇帝の寵妃である玉葉妃に投げ文をしたことを知られ、天女のような美貌を持つ宦官・壬氏(じんし)に連れて行かれます。そうして玉葉妃付きの毒見役となった彼女は、その薬と毒だけに特化した知識で数々の難事件を解決していくのですが、そんな彼女を壬氏が気に入るようになります。しかし、老若男女誰しもの心を溶かすほどの美貌を持つ壬氏に対し、猫猫は彼をナメクジを見るような態度で接するのでした。

猫猫はその知識で事件を解決に導いていきますが、彼女の興味関心のほとんどは薬と毒にしかありません。他人の感情に疎く、壬氏に好意を寄せられていることすら全然気づかず、お陰で壬氏は空振りばかり。しまいには自ら毒を食べようとしたり、自分の体で人体実験をしようとしたり、若干サイコパスがかっています。しかし、困っている人になんやかんやで手助けしたり、壬氏の依頼を断れなかったりと、ツンデレな猫猫にハマってしまいます。一方、壬氏の本当の身分は物語の最初では明かされず、時が経つにつれ猫猫は彼の正体に少しずつ気づき始めるのですが、面倒ごとに巻き込まれまいとわざと知らぬふりをする猫猫が憎らしい!

 

グッドモーニングコール

胸キュンの癒しラブストーリー!

ヒロインの菜緒は両親の都合で一人暮らしをすることになるが、なんと引っ越し当日に同部屋に別の男子が引っ越してくることに?!その男子は菜緒と同じ高校に通っていて女子から人気のある上原だった!同じ不動産屋の二重契約の詐欺に遭ったことが判明した二人だが、お互いに他に行く所もなく、各々の事情もあるため仕方なく寮に空きが出るまでの間、2人で一緒に同居生活を送ることに。知らない同士で初めは対立していた2人だが、一緒に暮らしていくうちにお互いの距離が縮まっていき……。

上原くんが大人っぽく格好良くて、少し幼い菜緒とのバランスが絶妙でした!天然でおとぼけキャラの菜緒に冷静にツッコミを入れる上原くんという構図が面白く、2人のやり取りに毎回癒されてしまいます!モテモテの上原くんですが、基本的に女子に興味がないクールな感じで、そんな上原くんを好きになる菜緒は非常に素直で魅力的な女の子なので、見ていて純粋に応援したくなる2人でした!いきなり一緒に暮らすことになるというドキドキの展開ですが、まったりとした癒されるシーンが多く、そんな中でたまに恋愛要素が強いシーンがあるとギャップを感じてキュンキュンしてしまいます!

 

黒執事

少年と執事が英国裏社会に立ちはだかる!

19世紀末英国。ファントムハイヴ伯爵家当主・シエル・ファントムハイヴは、12歳の若さで「女王の番犬」として英国裏社会の秩序を守る使命を背負っていた。ファントムハイヴ家には、幼い主人の世話から使用人たちの失敗のフォローまでこなす優秀な執事セバスチャン・ミカエリスがいた。彼は知識・教養・品位・料理・武術、すべてが完璧。それもそのはず、実はセバスチャンの正体はシエルと契約を交わした悪魔だったのだ。過去に両親を殺害され、自身も誘拐された経験のあるシエルは、復讐を果たすため自身の魂を対価に悪魔と契約した。その後、悪魔セバスチャンと共に闇の世界で様々な事件に関わっていく。

枢やな先生が描く美麗なキャラクターたちが際立つ執事漫画です。美しく逞しいキャラクターたちがふんだんに登場し、それぞれの魅力に目移りしてしまいます。きわどく残酷な描写が多く、ショッキングで目を背けたくなるシーンもあります。そのグロテスクな描写とコメディシーンの落差が激しく、混沌とした展開がクセになります。ミステリー要素を含む作品でもあり、意表を突く展開には感服させられます。作品全体にダークな雰囲気が漂い、純粋にカッコいいと思える設定とストーリーです。英国文化に関連する詳しい説明が端々にちりばめられ、楽しく学びつつもマンガの世界観に引き込まれていきます。

 

黒伯爵は星を愛でる

吸血鬼ハンターとダンピールの恋。

主人公は吸血鬼と人間のハーフであるダンピールのエスター。母が亡くなり双子の兄弟のアルが貴族の家へと拾われて行ってから、エスターは下町で花を売りながら慎ましく暮らしていた。貧しくても笑顔を忘れずに毎日懸命に生きていたエスターはある日、麗しい貴族のレオンと出会う。レオンはエスターに対して迎えに来たと言い、自分の屋敷へとエスターを連れて行くのだった。今までの暮らしから急に華やかな世界に連れてこられたエスター。そして、優し気に見えたレオンだが、実は吸血鬼ハンターでエスターがダンピールであることを知っていたのだった。エスターはいなくなってしまったアルの行方を探すことを条件に、レオンの屋敷に住みながら婚約者として吸血鬼ハンターの仕事を支える決心をするのだった。

エスターは本当に前向きで一生懸命な女の子で、とても魅力的でした!また、レオンの貴族の所作は見入ってしまうほど綺麗で、ヨーロッパを舞台にした貴族社会を連想させる絵と相まって、幻想的な雰囲気に包まれています!絵の描写を見ているだけでも、キラキラとした物語に引きこまれてしまいます。吸血鬼ハンターとダンピールといったオカルトチックな二人の関係ですが、二人の間に愛情が生まれる様は少女漫画そのもの。二人の関係に凄くドキドキしましたし、本当のカップルになってほしいと心から思いました。

 

月刊少女野崎くん

少女漫画家の男の子と、その子の事が好きな女の子の、どこかズレてる恋模様

題名の通り、月刊誌連載をもつ漫画家の野崎くんと、その子に恋する女の子の恋愛を描いたギャグ寄りの少女漫画です。物語はヒロイン役の女の子、佐倉千代が好きな人である野崎梅太郎に告白するシーンから始まります。「好き」という言葉が伝えられなくて、「ファンです」という言い回しをしてしまったがために想いは通じず、実は月刊少女漫画雑誌に連載をもつ野崎くんはそれをファンからの告白と受け取ります。しかしそれをキッカケに佐倉は野崎の漫画作成のアシスタントを務めることになり、少しづつ仲良くなっていく2人。そしてその2人を取り巻く、個性豊かな仲間たちの恋愛模様を描いたお話です。

恋愛漫画のはずなのに、ギャグ要素が強くて思わず笑ってしまう作品です。「こういうの、少女漫画では定番だよね!」というシチュエーションは全て主人公達の手によって妄想&作品化(漫画化)されるのに、当の本人たちの恋模様は一向に発展しない…というもどかしさが、見ているこちらを良い意味でヤキモキさせてくれます。それぞれのキャラも個性的で飽きず、4コマ漫画なので毎度オチまで付きます。少女漫画みたいな恋に憧れてしまうけれど、実際の恋愛ってこういう風に何でもない会話やじゃれあいの中で発展していくよね、と感じる漫画です。

 

恋は雨上がりのように

女子高生とファミレス店長の甘酸っぱい思い出

女子高生の橘あきらは自身のアルバイト先のファミレス店長に好意を寄せていた。店長はバツイチ子持ちで10円ハゲのあるうだつの上がらない男で、他のバイトやパートからは下に見られている節がある。それでもあきらは自分が部活で怪我をし、大好きな陸上ができなくなって落ち込んでいた時にコーヒーを出してくれた店長を好きになった。あきらと自分では釣り合わないとあきらの気持ちは受け取れずにどうしようか悩む店長と、自分の想いをまっすぐ届けて人を好きになるのに理由はないと断言するあきら。2人の思いがどう重なりあうのかぜひ読んで確かめてみてほしい。

歳の差を扱った作品に多い年上の方が相手にぞっこんということはなく、店長は極めて大人の目線からあきらに接し、そういった関係にはなれないと諭しつつ良い関係を築こうと頭を悩ませている点がリアルであまり抵抗感なく読むことができる。こんな年上のくたびれた人がいたら好きになってしまう女の子は一定数いるのではないだろうか。それに対しあきらは自分の気持ちにまっすぐで、時には母親、他のバイトや部活の仲間ともぶつかりながら成長していくのがいい。あきらは店長に対しては興味津々と言った様子だが、同じクラスの男子から好意を寄せられているがそれに対しては全く無関心な点も面白い。

 

恋わずらいのエリー

変態エリーのお相手は学校イチのイケメン?!

地味で目立たず、まるで透明人間のような高校生活を送る女子高生の市村恵莉子。彼氏いない歴=年齢……いわゆるモテない女の喪女である彼女にはウラの顔があった。それはSNSで"恋わずらいのエリー"として日々の妄想をつぶやくこと。妄想のお相手はかっこよくて爽やかで学校イチの人気者、「オミくん」こと近江章。叶うはずの無い妄想を垂れ流す恵莉子だったが、ひょんなことからSNSがオミくんにバレてしまい……。だんだんと明らかになるオミくんの裏の顔にドキドキさせられっぱなしの恵莉子。果たしてエリーの妄想は現実を超えるのか?!変態エリーとオミくんの妄想ラブコメディ!

この作品の魅力は何と言っても愛すべきキャラクターたちです。主人公の市村恵莉子ことエリーをはじめ、妄想のお相手のオミくんや友人のサラちゃんなど、どのキャラクターも一途で頑張り屋で、でも弱いところやボケている部分もあり、応援したくなる魅力があります。特にエリーは作中で「変態エリー」と呼ばれるほどの妄想好きで「オミくんのジャージを借りる」という、たったそれだけの事でも妄想を大爆発させSNSにつぶやきを垂れ流していきます。果てしない妄想の内容は推しのいる女性なら共感できること間違いなし?!完結済の本作は最後までストーリーもテンポよく、絵柄もとてもきれいなのでサクサク読めてオススメです。

 

高校デビュー

ボーイッシュ女子のシンデレラストーリー!

ヒロインは、中学でバリバリのソフトボール部ピッチャーのハルナ。モテとは無縁だったハルナが、高校では、ソフトを辞めて、モテるために雑誌の切り抜きを集めては、自分なりのモテ本を作って高校デビューを目指すのだが、気合が入りすぎてて全くモテないイタイ女子に...ナンパ待ちをしているハルナの前に、現れるヨウは、めちゃイケメンのハルナとは正反対の頑張ってなくてもモテちゃう系男子。ヨウからハルナは、モテを、教えてもらいたく、師匠にしてくれと頼みヨウを説得する。ヨウは、ハルナに絶対に俺のことは好きになるなよ。ということを条件に師匠になることを引き受け、友達を紹介したり頑張るが、二人の関係がだんだんと師匠と弟子ではなくなって行きます...ハッピーエンドの笑いあり涙ありの青春ストーリーです。

中学で部活ばっかりだった女子、恋愛なんかできなかったという女子には、憧れのストーリーなのではないでしょうか。まぁ、こんな話実際にはありえないのですが、夢を見せてくれる漫画です。実写の映画化もされているので、そっちから見て読むのもありですが、漫画から読むのもありです。ハルナも全然かわいいのになぜモテないんだろうと私には不思議でしたが、これを読んで何となく天真爛漫な女子ではだめなんだというのが勉強になりました。元気キャラで、モテない人にオススメです。(笑) 近くにいる女の子からの裏切りなんかもありで、あぁ。わかるわぁという共感できる漫画でもあります。

 

ごくせん

こんな先生いたら最高

白金学院新米教師、山口久美子。着任した2年4組はガラの悪い生徒ばかりの不良クラス。初日から生徒にバカにされ、ヤンクミと呼ばれるようになる。生徒達から嫌がらせを受けながらも顔色ひとつ変えずに授業を進めるヤンクミ。それもそのはず。山口久美子の実家は任侠黒田一家の1人娘だったのである。帰宅するなり「お嬢、御勤めご苦労様です」と若い衆に囲まれ「高校生ごときがなめんじゃねー!」とどなるヤンクミ。正体を隠す事を前提に白金学園で教師として働く事を許されていたのだ。そんなヤンクミに、生徒達には次から次へと問題が!果たして自分の正体を隠しながら、教師として生徒達を更生させることができるのだろうか?

見所はヤンクミのお嬢の一面です。ドラマ化されているのでストーリーはご存知と思いますが、原作の漫画では任侠一家側のストーリーがたくさん描かれています。お嬢とテツとミノルは、しょうもない事でいつもケンカしていたり、京さんはいちいちお嬢に過保護で涙脆い性格だったり。沢田慎を兄貴と慕う黒田一家と沢田のやりとりは毎回笑ってしまいます。もちろん事件や問題を解決に導いていくヤンクミもカッコいいですが、ぽろっと任侠言葉が出てしまうヤンクミもビシッと決まってかっこいいですよ。ぜひヤンクミの素の一面に注目して読んで欲しいと思います。

 

5時から9時まで

その都度キュン死に!!

主人公の潤子は、英会話講師ということもあってバリバリのキャリアウーマン!そんな潤子にひょんなことからお見合い話が飛び込み、嫌々ながらも参加したお見合い相手がなんと、お寺のお坊さん。潤子はその場だけで終わるつもりが、まさかのこのお坊さん、潤子に恋をしてしまうのだ。潤子に会うためだけに映画スクールに通ったりしつこくつけ回したり…そんな坊主の一途な恋心に惹かれてしまう潤子!海外生活を夢見る潤子だが、坊主のことが好きになり寺の嫁になることを決意する…しかしそれも揺らぎまくり…一体どうなるのやら…先が気になる潤子と坊主の恋の物語!!坊主が恋をするとどうなるのかが見どころだ!!

1番の見どころは、なんといっても坊主が恋をするとどうなるか!?というところ!一見するとストーカーと思ってしまうようなつきまとい方をする高嶺(坊主)だが、ただ会いたかっただけという自分でもわからなかったはじめて芽生える嫉妬心にこちらまでドキドキさせられてしまう!!「は〜…いいな〜こんな嫉妬」と何度潤子を羨ましく思ったことだろう…嫉妬心からの潤子への愛の接吻のシーンは特に見どころである!こちらは純粋で純潔な坊主というイメージを勝手ながら抱いているが、高嶺は貪欲にまみれた男らしい坊主で、そのギャップに想像以上にキュン死に…いわゆるギャップ萌え(笑)の頂点かと思っている。もちろん!それだけでなく、周りの登場人物のラブストーリーも満載で楽しめる一冊である!書いてる今もまた読みたい!

 

コレットは死ぬことにした

あの世とこの世の超遠距離恋愛!

コレットは村に一人しかいない薬師の女の子。毎日、食事も睡眠も削って村の人を助けるために頑張っていた。しかし、あまりにも過酷な労働の毎日にある日、コレットの心はポッキリと折れてしまう。そんな時、「井戸は別の世界に繋がっている」という伝説を思い出し、思わず飛び込んでしまう。目が覚めるとそこは冥王が治める死者の国、井戸の中は冥府とつながっていたのだった。そこで全身が火傷のような症状になっていた冥王ハデスと出会う。薬師の仕事が嫌になって井戸に飛び込んだコレットだったが、やはり目の前に患者がいると放っておけない。ハデスが嫌がるのを無視して、治療を始めるコレット。この日から、コレットは地上と冥府を行き来する日々が始まるのだった。

コレットと周りの人々のエピソードも切なかったり、ほっこりしたりと良いお話ばかりなのですが、個人的にはハデス様関係のお話がすごく好きです。特にカロンとのエピソードにはうるっとしてしまいました。ガイコツたちの忠誠心にもきちんと理由があって、ハデス愛が止まらなところが可愛いです。顔が同じなのでたまに誰が誰だか分からなくなってしまいますが、それぞれが「自分が一番、ハデス様を慕っている」と思っているので、そこで喧嘩になっちゃうこともありますが、上司としては嬉しいですよね。冥王として神経をすり減らしていたハデス様が、徐々に笑顔になっていく様子にキュンとしちゃいます。普段が生真面目だからこそ、急に男の顔を出してくるともう興奮が止まりません!

 

コーヒー&バニラ

可愛い現役大学生とイケメン社長の甘々ラブストーリー

大学デビューから、気づけば高嶺の花になっていた主人公白城リサ。ナンパの対応に困っていたところを助けてくれたのが、イケメン社長深見宏斗でした。ナンパを助けたことをきっかけに2人は食事に行き、実はナンパを助ける以前からリサを気になっていた深見はリサへ思いを伝え、2人は付き合うことになります。初めての彼氏で初々しいリサと、恋愛慣れした大人の余裕を見せる深見。可愛いリサを狙う男たちも現れますが、一途なリサと実はかなり嫉妬深い深見の阻止によって二人の愛は深まるばかりです。また、FUKAMIホールディングスの社長である深見とただの大学生リサをよく思わない大人たちも現れますが、二人で乗り越えていくことでより絆を深めていきます。

1番の見どころは、普段クールな深見がリサにだけ甘々で可愛い姿を見せるところだと思います。リサを溺愛するあまり、かなりびっくりなサプライズを仕掛けることもありますが、大人でお金持ちな深見だから許される夢のような世界観です。大学生と社長という身分の差に悩まされることもありますが、信頼し合っている二人が乗り越えていく姿も、愛の深さを感じてキュンとしてしまいます。深見のライバル阿久津と、リサの親友なつきのバランスも二人らしい独特な関係性で好きです。また、深見の秘書雪の存在も絶妙で、社長と秘書だけでは終わらない特別な存在であることがドキドキさせられます。

 

砂漠のハレム

ドSな俺様王子とおてんば娘のジェットコースターラブロマンス!

アナトリア国で奴隷として扱われていた少女が、アナトリア国王に捨てられ隣国のジャルバラ国へ行った。そこでジャルバラ国王子の列の前に飛び出した子供を助けに入った少女。少女は王子の命で捕らえられ、王子の後宮へと連れて行かれる。王族は嫌いだったが少女には選択肢はなく、ジャルバラ国第3王子の30番目の側妻として後宮へ入った。様々な事件に巻き込まれる度に助けに来てくれる王子に惹かれ、正妻になりたいと思うようになるが、元奴隷という身分に引け目を感じる。王族と元奴隷の身分を超えたラブストーリー。少女を捨てたアナトリア国王の謎の行動の数々。そして、少女は正妻に、王子は目標である国王になれるのか。

欲しいと思ったものに対してとても強引だけど、それ以上に優しい王子が気になり読み始めました。
主人公の少女ミーシェは、とてもおてんばな性格で恋愛経験はゼロ。積極的にくる王子に対する反応は、とても楽しいものでした。その一方で引かれると寂しいと言えない。そんなところが愛らしく思えました。押し引きの激しい王子の他に、乱暴な王子、ツンデレ王子、クールな国王と次々にミーシェに好意を寄せていたけど、そんな彼らの気持ちも分かる気がします。他にもたくさんの個性豊かな人物が登場し、複雑な人間関係に深みを感じる作品でした。ただのラブストーリーと思って読んでいましたが、女性や立場の弱い人たちへの貧困対策などにも触れられていて、社会情勢的にも奥の深い作品だなとも思いました。

 

サプリ

キャリアウーマンにオススメ

大手広告代理店で男性に混じって激務をこなす27歳の藤井ミナミは、仕事では中堅の年次に差し掛かり、プライベートでは結婚を意識する年頃になる。そんな中、大学時代から7年付き合い半同棲していた彼氏と破局。「仕事と俺とどっちが大事?」という、おきまりのようなセリフを男女逆転バージョンで言われてしまい、「このまま働いていたらどうなるのか」という漠然とした疑問と焦りを感じ始める。彼氏と別れたことを機に、職場関係者との交流が充実し、様々な境遇の働く女性との繋がりができていき、もがきながら進んでいく。恋愛面でも別れから立ち直って進んでいく様子を描いたキャリアウーマンの人生漫画。

27歳という、女性にとってかなりセンシティブな年頃のキャリアウーマンが主人公で、日本でバリバリ働く20代女性の葛藤や悩みをとても的確に表していると思います。仕事は楽しい、新卒から数年経ってできることも増えてきたしもっと頑張りたい、けれどまだまだ古い価値観が残っている職場もあって、若い女性であるというだけで壁が高くなることもある。でもプライベートでは若いとも言えなくて、結婚はどうするのか、一生一人で生きていけるのか?など揺れ動きながら日々頑張っている主人公を応援したくなります。登場人物の一言一言が仕事や人生の格言として心に響きました。

 

37.5℃の涙

病児保育のリアル!

37.5℃という体温は、こどもが保育園に行けるボーダーライン。働く親にとっては、保育園には預けられず、でも働かなくてはいけないという条件に置かれる。そんな親たちをサポートする存在として活動するのが「病児保育士」。本漫画は病児保育士・桃子を取り巻く病児保育のリアルを描いた物語。民放のドラマの原作にもなった。桃子が病児保育で訪問した各家庭を中心に、親の葛藤、こどもが感じる寂しさ、それを桃子がどのようにサポートしていくのかを1話1話丁寧に表現している感動物語。桃子自身のトラウマや恋愛要素もところどころで表現されており、この要素も欠かせない!

「病気のこどもの看病をするのは親の仕事」「病気のときに親がそばにいないなんて、こどもがかわいそう」。病児保育を利用する親であれば、何度もこのような言葉を外部から投げかけられてきたと思う。だけど、生活のために仕事をしなくてはいけない、キャリアのために仕事をしたい。親が働く理由はいろいろとあるけれど、自分自身も働くことが好きなため、この葛藤にすごく感情移入してしまい、毎話感動する。病児保育のような、外部のサポートを活用することに、もっと世間の理解が深まり、このような業界で働く人が増えたり、利用する親への偏見がなくなると良いなと思う。

 

失恋未遂

その失恋は…本当に失恋ですか…?

転職先で出会った上司は初対面の奈乃花を一目見ただけで「サル」呼ばわりする無神経な男だった。でも、それだけじゃない。この上司(羽島)が最低な男だと奈乃花は知っている。だって、この上司は、高校生の時に付き合って二股をかけられて終わった奈乃花の人生最大のトラウマの元凶だから。大好きだったぶん、傷ついた心の傷を抱えながら奈乃花は強くなろうと努力する。しかし、羽島は奈乃花にやたらとちょっかいを出してきて、彼女の気持ちをかき乱す。あるとき奈乃花の高校の頃のあだ名を羽島が知っていたことを知り、「流されちゃだめだ」と思いながらも、距離が縮まっていくも、心の距離はずっとすれ違ったまま…。二人の気持ちは果たして失恋なのでしょうか?失恋未遂はそんな切ない気持ちのすれ違いを描いたお話です。

作者の心理描写がとても長けている作品です。奈乃花の羽島との関係に悩んでいる描写も、羽島が昔、自分が素直に気持ちを表せられなかったから、別れてしまったという後悔で奈乃花にちょっかいを出す心情もとても繊細に表現されています。はたからみていれば、二人は両想いだと分かるのに当の本人たちはすれ違った気持ちを抱えながら「もう終わりにしよう。」と思ったり行動を起こして変な方向にいってしまうのが見ているこちらはやきもきしながらも感情移入して、切なくなってしまいます。そして、奈乃花の話が終わると、今度は別の二人の失恋未遂の話があります。別の二人の失恋未遂も、またタイトル通りにまとまっていて、作者の作品に対するこだわりを感じさせてくれる漫画です。

 

シックス ハーフ

記憶喪失になった女子高生の葛藤物語

詩織はバイクで事故にあい、これまでの記憶を失ってしまった。目を覚ますと、心配性で優しい兄のあーちゃんと、詩織のことをひどく嫌っている妹の真歩がいた。詩織は記憶を失くしたことで学校での立ち位置もわからず、家族にも馴染めず孤立していく。孤立した詩織をあーちゃんは側で話を聞き、優しく寄り添っていた。そんなあーちゃんに少しずつ惹かれていく詩織。ある時、芸能の仕事をやらないかと詩織に声がかかる。それをきっかけに学校でも居場所をつくっていくことになる。家族仲も良くなりこのまま記憶が戻らなくても良いのでは、、と思っていた矢先に詩織はある人物との出会いで記憶が戻る。事故前の記憶は、再び家族仲に亀裂をいれてしまう悲しい事実があった。

記憶喪失の物語は他にもあるがこの漫画の特徴は詩織が記憶を失くすことで、「幸せな家族」が成り立つ珍しい話の展開です。記憶が戻って欲しくない、でも詩織だけを犠牲にして申し訳ないと内心感じているあーちゃんの葛藤が苦しいです。どうして真歩はそこまで詩織を嫌っているのか、あーちゃんはどうして家族にこだわっているのか。詩織の記憶が戻る過程で少しづつ解き明かされてきて、一気に記憶が戻る部分はゾクッとします。また、あーちゃんの幼馴染2人の悪者っぷりにも味があり登場人物も魅力的です。事故後、空虚だった詩織が家族や恋人、仕事に支えられ少しづつ生き生きとしていく様子も見所です。

 

死神坊ちゃんと黒メイド

生き物の命を奪ってしまう坊ちゃんと美しいメイドの日常から非日常

物語の始まりは、大富豪の青年が5歳の頃に魔女に呪いをかけられた回想シーンから始まる。呪いをかけた魔女は彼を抱きしめながら「誰からも愛されず誰も愛さない、真面目な人生を送ってちょうだい」と言い残した。そして彼は、触れた生物の命を奪ってしまうという恐ろしい力を持ってしまった。誰にも触れられない彼は本邸から離れた別邸で家族と離れ、優しい執事と幼馴染の美しいメイドと生活を送っている。なぜまだ幼い5歳の少年がそのような呪いをかけられなければいけなかったのか、呪いを解く方法はあるのか、普通の日常を送りながら、少しずつ真意に近づいていく。

物語のテンポがとてもいい。なんでもない日常を送っているようで彼らは成長し、誰とも関わらない森の奥の別邸に住んでいるはずなのに仲間も少しずつ増え、魔女へと近づいていく。そしてなんと言っても幼馴染のメイドがかわいい。彼女と主人公は幼い頃からお互いを想いあっているのに呪いのせいで触れ合うことができない。それでも彼女は彼をドキドキさせようとちょいエロな行動を仕掛けるのだがそれがまたセクシーでたまらない。それに対する主人公の正直なものいいが面白いし、早く呪いを解いて触れ合えるようになって欲しいと思ってしまう。呪いが解けた瞬間の彼らが、どのような行動をとるのか、非常に楽しみです。

 

地縛少年 花子くん

妖怪と人間のコメディ恋愛

学校の七不思議七番目の「トイレの花子さん」、呼び出した人の願いを叶えてくれる。好きな人と両想いになりたくて、女子トイレの3番目の扉を3回ノックした八尋寧々。「はーあーい」と出てきたのは、なんと!学ランを着た、男の子の花子さんだった!!寧々の願いを叶える方法は全部健全で時代を感じるものばかり。怒った寧々は、花子くんが落とした縁結びの「人魚の鱗」を飲み込んでしまう。すると、寧々は魚の姿に!人魚の鱗は、縁結びと呼びれているが本当は二人で鱗を飲むと、飲んだ二人が同じ人魚の呪いをうけることで、特別な縁でつながるというものだったのだ。寧々の人間に戻りたいという願いを、自ら鱗を飲んで叶えた花子くん。その願いを叶えた代わりに、寧々は花子くんの助手として、七不思議が起こす事件へと立ち向かうことになってしまう!

花子くんというミステリアスでエロカッコイイキャラクターが、恋愛に不慣れな寧々を惑わせていくところは、胸のときめきがとまりません。妖怪と人間、絶対に同じ世界でずっと一緒にはいられない二人の今後の展開には目が離せません。そこに、花子くんの双子の弟も登場するのですが、そこには花子くんが死ぬ前の秘密が隠されています。なぜ、花子くんは死んだのか、なぜ七不思議の七番目の位置にいるのか、謎が多々多くてそこも大きな見どころです。また、他の七不思議の登場や、祓い屋の少年源光の活躍もぜひ見てほしいです。面白さと切なさを合わせ持つファンタジー漫画です。

 

12歳。

ピュアな初恋に酔いしれる!

綾瀬花日・12歳。恋はしたいけど男子はデリカシーないし彼氏はなんかまだ恥ずかしい、そんなお年頃。理想のキスなんかをお友達と話し合う年頃の花日、今日も明るく元気に学校生活を送っていた。そんなある時、リコーダーの授業で隣の席の少し大人びた男の子・高尾と共に屋上でリコーダーの練習をしていた。そこで花日は先生同士がキスをしているのを見てしまう。さらに花日は隣にいた高尾と自然とキスをしてしまう。初めてのキスをしたことで高尾を意識してしまう花日だが、当の本人は言うと普段の様子と何も変わらない。気にしているのは自分だけ?それでも、ついつい高尾を目線で追ってしまう。初々しい12歳の少女による等身大の少女漫画。

12歳という異性を気にし始める年頃の少女の等身大の姿を描いており、その初々しいやり取りは見ていて心が洗われます!少女の悩み、葛藤、恋愛など実際に経験したことがあるかのようなリアルさがあり、昔を懐かしむ気持ち、こんな小学生生活を送りたかったと憧れる気持ち、少年少女の尊い様子を慈しむ気持ち、様々な気持ちで胸がいっぱいになります。子供の頃に真っすぐに相手を好きになった気持ちを思い出し、子供から大人になるにつれて失った大事な物を思い出させてくれます。

 

人外さんの嫁

人外さんと高校生のほのぼの結婚ライフ

日ノ輪泊は、ごくごく普通の男子高校生だ。いつも通りの日常を送っていた泊は、担任に呼び出しをされる。そこでいきなり、「カネノギ」という人外の存在の嫁になったことを告げられる。入籍も済まされ、戸惑う泊だったが、とりあえず新居で結婚生活を始めることになった。カネノギさんは白くてふわふわの不思議な生き物だった。カネノギさんの白い体毛に触れたり、ふわふわのしっぽを見たり、甘噛みされたりしていくうちに泊はカネノギさんに魅了されていく。人外さんの嫁なんて、不安しかなかったけれど、想像していたよりも幸せな結婚生活になりそうだ。

最初は人外さんと結婚することにものすごく不安を感じていた泊ですが、徐々にモフモフな旦那様の虜になっていきます。抱きついたり、甘噛みされてうれしそうにしたり、カネノギさんとイチャイチャしている姿がとてもかわいいです。また、カネノギさん以外の人外さんもたくさん登場します。嫁仲間もどんどん増えて、一緒にプールで遊んだり、花火を見たり、体育祭や文化祭などの学校行事を楽しんだり、読んでいてとても癒やされます。夫婦ごとの関係性は少しずつ違いますが、ナチュラルに夫自慢をして、のろけ話をするところは共通しており、幸せのお裾分けをしてもらっているような感覚でした。

 

素敵な彼氏

神様、わたしに「彼氏」をください!

小さいころに見た、カウントダウンのイルミネーションに参加する幸せそうなカップルたち…。わたしも、あんな風に幸せそうに笑いたい!カップルでカウントダウンイルミに行きたい!彼氏がほしい!!そんな夢を原動力に、彼氏探しに邁進する主人公・ののか。当たり前にできるだろうと思っていた彼氏は一向に現れず…。出会いを求めて参加した合コンで桐山と出会います。掴みどころのない桐山と接していくうちに、少しずつ感情が変化していき、自分が欲しいのは「彼氏」ではなく、「ちゃんと好き合った」相手なのだとようやく気が付くののか。果たして夢のカウントダウンイルミに「彼氏」と行くことができるのか?!

鈍感な主人公・ののかの可愛らしさにとにかく癒される作品です。クールで掴みどころのない桐山に恋をしてからと言うもの、ののかの目には誰よりも彼が素敵に写ります。もちろん読んでいるこちらも、ののかの感情に巻き込まれてそう見えてきちゃいます。桐山くん、素敵!しかしののかは超恋愛初心者で、対して桐山は本気の恋をしたことがない。くっつきそうでくっつかない二人にはジレンマの嵐です。友達から始まって初めて本気の恋をして、向き合い始めた二人の関係にときめきが止まりません!ちょっと笑っちゃうような、心がほっこり温まる可愛い二人に注目です。

 

ストロボ・エッジ

はじめて恋をしたのは、王子様!

おっとりした主人公・仁菜子が初めて恋をしたのは学年で一番人気のイケメン・蓮。でも恋って一体何だろう?この気持ちは何だろう?仁菜子は初めての感情ひとつひとつに向き合いながら、ゆっくりと蓮への気持ちを育みます。しかし蓮にはモデルの彼女の存在が。友達のアドバイス通り自分とは住む世界が違うと諦めて、好いてくれる別の人と一緒にいるべきなのか悩む仁菜子。でも、自分の気持ちにうそをついてもいいの?一方で仁菜子と関わるうちに少しずつ気持ちが動き始めるも、彼女もためにその感情を見て見ぬふりをする蓮。すれ違いながらも自分の気持ちに真っすぐ正直に、全身で「初恋」と向き合うピュアなラブストーリーです。

恋をした時の小さな感情の動きや、その一瞬が描写されていて「初恋の美しさ」が詰まった作品です。初めての感情に迷いながらも懸命に突き進む仁菜子をつい応援したくなります。そんな仁菜子を中心に、自分の気持ちに正直になろうともがく恋愛・友人関係も見どころです。相手の気持ちや関係性に悩みながらも、それぞれ皆が成長していきます。いつも一生懸命な仁菜子と不器用な蓮がすれ違い続けるシーンにはかなりやきもきしますが、その分思いが通じ合ってからの幸せモードはときめきが止まりません!恋する女の子を全力で応援してくれる、そんな少女漫画です。

 

砂時計

胸キュン必須のラブストーリー

主人公の杏がさまざまな出会いや別れを経験して、大人の女性へと成長していくまでを描いたラブストーリーです。杏は幼なじみの大悟を始めとする周りの人たちの支えもあって母親の死を乗り越え、やがて支えとなってくれた大悟と付き合うことになります。中学校を卒業すると遠距離恋愛が始まるなど不安になる出来事もあって、恋路は順風満帆なものではありません。しかし二人は何とか恋愛を続けていくのでした。時に辛い出来事もありますが、杏は前を向いて生きていこうとします。作中では杏と大悟のやりとりが大きな見どころになっています。

大悟の言動に大きな感動がありました。杏が母親を亡くしたとき、大悟が彼女に言葉をかけるシーンがとても心に刺さりました。一人になってしまったんだと深く落ち込む杏に「ずっと一緒におっちゃるけん」と言う大悟がとても好きです。この後しばらくして杏と大悟の恋愛が始まるのですが、落ち込んでいる時にこんな風に言われたら胸キュンしないわけがありません。心温まる恋の始まりがとても素敵で、最初に読んだ中学生時代こんな恋愛がしたい!と憧れたものです。恋愛において思いやりはとても大切なもので、それが見事に描かれた作品だなと思いました。

 

3D彼女 リアルガール

オタク×美女の純愛物語

冴えないオタクの男子高校生・筒井と、美女で男子からの人気は高いものの、女子からは嫌われているヒロイン・色葉が、ひょんなことから半年という期限付きでお付き合いをすることになります。始めは興味本位だったものの、お互いの純粋な一面に惹かれ合い、次第に愛情が深まっていきます。主人公の筒井は、色葉と付き合っていく中で対人関係を広げたり、学校行事に参加したり、これまで経験してこなかった事柄に一生懸命奮闘しながら進んでいきます。一方色葉は、葛藤の末、手術のため半年後に筒井の元を離れることを決断。一度は離ればなれになった2人が、7年後に再会する恋愛物語です。

まず、少女漫画において主人公が男の子であることが珍しいと思います。心を許せる友達がたった1人しかいなかった主人公ですが、恋を知ることで、彼の日常が色鮮やかに染まり、世界が広がっていくところが素敵です。また、些細なことでケンカしたり、すれ違ったりする場面も、リアルに感じました。困難を乗り越えながら、どんどん強まっていく絆が上手く描かれていると思います。恋愛することが、とても前向きに捉えられていて、人を愛することの素晴らしさを教えてくれます。主人公を取り巻く友達のストーリーもしっかりと描かれていて、感情移入しながら楽しむことが出来るストーリーです。

 

先生!

生徒と教師の苦しくも切ない、リリカルなラブストーリー!

高校生の島田響は、男友達の浩介や友人の千草が先生に恋をしているのを知るが、自分自身は今一つ「人を好きになること」が分からないでいた。しかし、世界史の伊藤先生の包容力に惹かれ、気づいた時には伊藤先生を一人の男性として好きになっていた。女性不審らしき伊藤先生に、自分の思いをぶつけていく響。自分の立場や戸惑いから、先生のちぐはぐな態度に翻弄されながらも、二人は気持ちを通わせるようになる。しかし、本当に大変なのは教師と生徒という立場で恋愛をしていくことだった。響の友人、浩介や千草、後輩の渚との恋愛も交錯し、さらに人間模様は複雑になっていく。多感で不器用な恋が繰り広げる、リリカル青春ロマン。

男性教師と女子高生の恋を描いたストーリーですが、社会的立場はあるものの、主人公響をはじめとする浩介や千草などの生徒たちと、伊藤先生や他の教師が人間として平等に描かれています。伊藤先生が生徒に全幅の信頼を置いて、響との恋を響の友人には話し、友人たちも口外をしないで応援するという「対等で誠実な関係性」の斬新さが見どころでもあります。途中で各登場人物に「自分を好いてくれる人」などが現れたり、問題にくじけそうになったりで、色々なハプニングがありますが、この問題をどう解決していくのか?という点が非常に興味深い作品です。また、一見「普通」の外見の響や千草といった女生徒が、恋を通じてどんどん美しく成長していくところが見どころです。

 

それでも世界は美しい

少年少女の冒険ラブロマンス!

世界中に雨が降らない「少雨化」という現象に見舞われる世界。そんな世界で唯一雨を呼ぶことができる一族の第4皇女であるニケ姫は世界を制覇した少年王リヴィウス1世・通称リビの元に嫁ぐことになる。2人の出会いは最悪だった。幼いながらに世界を制覇したリビは、相手の気持ちなどお構いなしの冷酷無情な少年王だったのです。ニケはそんなリビを変えてあげたいと雨を知らないリビのために雨を呼び、リビを暗闇から救い出そうとします。次第にリビもニケに心を許し、2人の距離が近づいていく中、実はニケには世界を変えるほどのとてつもない能力が。その力はなんのために、なぜ「少雨化」は起こるのか、その真相を知るため運命に導かれし2人の冒険が今始まろうとしていた。

物語に登場するキャラクターの個性がそれぞれいい味を出しています。王道の冒険ロマンスものだと王子様が颯爽と登場してお姫様を助けるパターンが多いですが、この物語のお姫様はかなり強めです(笑)。結構自分でなんとかできちゃいますが、時には力及ばずにさらわれてしまい、さらわれたお姫様を助けに行くのが王子様ではなくて、王様しかも少年!?というのも面白いですね。最初はかなり意地悪な少年ですが、主人公のおかげで心も体も成長していくのを読んでいて良いなと感じられる作品です。また恋愛エピソードもたくさんあり、離れ離れになってしまうことが多々あるのですが、再び会えたときにはもう涙が止まらないくらい感動しました。

 

たいようのいえ

幼馴染とイキナリ同棲?!年の差ラブストーリー

両親の仲が悪く、向かいの中村家に入り浸っていた少女・真魚(まお)。中村家には長男・基(ひろ)、次男・大樹、長女・陽菜の三兄弟がおり、幼い真魚をいつでも温かく受け入れてくれた。しかし、突然の事故により両親が他界した中村家は兄弟離散してしまう。数年後、父親の再婚により家庭内に居場所を失った真魚は、とあるきっかけで中村家を独りで守る基の家に住まわせてもらうことになる。昔と変わらず優しく接してくれる基に真魚は次第に恋心を抱くようになり……。家族とのつながりを求め続ける、幼なじみの切ない年の差ラブストーリー!

父親の再婚により家庭内に居場所が無くなってしまった真魚と、両親を事故で無くし兄弟が引き取られてから中村家を守ってきた基。独りぼっちで、しかし何よりも家族の絆を求めていた二人が、お互いがお互いを支えあうように一つ屋根の下で家族となっていく、高校生×社会人の年の差ラブストーリーです。門限があること、旅行に行くこと、お祝いをすること……そんな当たり前のことをおおげさに喜ぶ真魚がかわいすぎます!キャラクターの背景やストーリーは重たいのですが、絵柄や描写はとてもシンプルなのでとても読みやすいです。完結しているのでぜひ最後まで読んでほしいです!

 

ダメな私に恋してください

ダメアラサー女の恋の行方

会社が倒産して無職となったアラサー女子の主人公「ミチコ」は、無職でお金が無いにも関わらず年下彼氏に貢ぎまくるホントにダメダメな女の子。そんな彼女が街で偶然元上司で主任だった「黒沢」と出会います。ミチコは黒沢のことが何かと厳しくてとても苦手だったのですが、お金のないミチコに黒沢はご飯を作ってくれ、しかも喫茶店を開くということでミチコをバイトで雇ってくれることになります。なんだかんだ黒沢の元で働くことを決めたミチコはこの先どうなっていくのか。そしてミチコと黒沢の関係はこの先どうなっていくのか見ものです。

中原アヤ先生の作品ということで、恋愛のキュンとする部分もありますが、やはりギャグ要素も満載で面白い部分もたくさん。読んでいてとても飽きません。ミチコの変顔も沢山堪能出来ます。二人を取り巻く周囲の人たちも色んな人が出てきますが、読み終わって誰ひとり嫌だなと思う人物が出てきませんでした。皆本当にいい人たちばかりです。そしてテンポよく話が進んでいくので、凄く読みやすい漫画だと思いました。恋愛漫画は苦手だと言う人にも是非読んでほしいです。そして続編も出ているので、読み終わった方は是非続編も読んでミチコと黒沢を堪能して欲しいです。

 

ちはやふる

熱い青春かるたストーリー!

主人公綾瀬千早が競技かるたと出会い、かるたを通して仲間と成長していく物語です。小学生で千早に競技かるたの魅力を教えた綿谷新。小学生でかるたチームを組んだことをきっかけに瑞沢高校でも千早とかるた部を創設する真島太一。3人の絆を中心に、瑞沢高校かるた部を取り巻く熱い青春ストーリーが進んでいきます。部活は主に5人1組の団体戦で優勝することを目標に、全国の高校生が3年間を切磋琢磨して過ごしていきます。一方で、競技かるたの頂点(名人、クイーン)を目指す個人での目標もあり、高校3年間で得た技術や人間関係をもとに、千早たちはさらに成長していきます。

みたかったな…」と思わせてくれるような素敵な青春ストーリーだと思います。瑞沢高校だけでなく、他校のキャラクターも魅力的な人がたくさんいるため、全国大会での戦いは涙なしでは見れません。また、顧問の先生など大人たちもかるたを通して人生を楽しんでいく姿が多く描かれているので、夢を追いかけ続ける人の魅力も知ることができると思います。様々な生い立ちや個性を持ったキャラクターたちが、「かるた」を通して一つになれる姿がとても良い作品です。

 

墜落JKと廃人教師

自殺から始まる禁断のスクールラブ!

女子高生の落合扇言は、学校の屋上から投身自殺を図ろうとしていた。授業中の屋上には誰も来ないと考えての行動だったが、そこへ現れた教師・灰葉仁に邪魔をされてしまう。灰葉は言葉巧みに扇言から自殺の理由を聞き出した。さらに灰葉は己の愚痴を語りつつ、過去に自身が同じ様にこの場所で自殺を図ろうとした過去があることを仄めかす。新しい恋を始めるよう説得する灰葉であったが、突然扇言に愛の告白をする。失恋が原因で自殺寸前の扇言であったが、灰葉の言動に気が削がれ、自殺を思いとどまることに。灰葉はこれをキッカケに扇言の後をつけたり、頻繁にちょっかいをかけるようになり……。自殺から始まる教師と生徒の禁断のラブストーリー!

恋愛の進行がじれったく、少女漫画らしいキュンキュンするシチュエーションが盛りだくさんの作品です。自殺から始まるラブストーリーなだけに、主要キャラクターがネガティブな感情をむき出しにしてきます。主人公・扇言が明るい表情をしている時は、決まってネガティブの中に幸福を見出したときです。灰葉は包容力で扇言を支え、扇言は存在そのものが灰葉に心の癒しを与えています。お互いがお互いを必要とする共依存が心地良く、彼らの思考から生まれる重く明るい愛情は、その振り切り具合から爽快感すらあります。ダークな描写の中に救いのある新鮮で独特なラブストーリーです!

 

椿町ロンリープラネット

女子高生家政婦×時代小説家の胸キュン共同生活。

父親の借金返済のため、住み込み家政婦をすることになった高校生の大野ふみ。時代小説家 木曳野暁の家で働くことになったが、木曳野は不愛想で何を考えているかわからない。父親以外との男性との共同生活に戸惑いながらも、忙しいシングルファザーの父に代わって家のことをしていた経験から、家政婦として、同居人として木曳野をサポートする。ふみは一緒に過ごしていくうちに、木曳野の仕事に対する真剣な姿勢や優しい一面に惹かれていき、木曳野もふみの気遣いや思いやりを感じる中で、単なる雇い主と家政婦の関係から距離が縮まっていく。年齢も立場も異なる二人の共同生活はどうなるのか?

女子高生が成人男性の家で住み込み仕事をするという非現実的な設定ですが、主人公の二人も周囲のキャラクターも派手過ぎない設定や性格のため、感情移入しやすいと思います!メインキャラクターのふみと暁が、お互いを大切に思い、思いやる姿にきゅんとします!主人公のふみは、いわゆる「今どきの女子高生」とはかけ離れた、主婦のような行動をしますが、そこにふみの優しさや生い立ちの大変さが感じられて、応援したくなります。暁もスマートなイケメンのうえ、第一印象は不愛想だけど実は一途で誠実というギャップが最高です。二人の距離がどう変わっていくのか、読み始めるとついつい続きが気になってしまうマンガです!

 

電撃デイジー

トキメキもあり!ギャグもあり!

唯一の肉親である兄を病気で亡くした、天涯孤独の少女、紅林照(くればやしてる)。貧乏ながらも奨学金で高校に通い、仲間たちと高校生活を過ごしていた。貧乏なことを理由にいじめにあってもめげず、明るい性格の照の心の支えは、兄がくれた携帯電話に届く「DAISY(デイジー)」と名乗る謎の人物からのメールだった。「何があっても、守ってあげる」「僕はいつでも、君の味方だよ」兄の知人ということ以外、DAISYの正体はなにもわからない。照も、何か言えない事情があるのかもしれないと、詮索はしなかった。ある日、照はひょんなことから、金髪の不良公務員・黒崎の下僕として働くことになってしまう。仕事はサボるし、口も悪いし乱暴者の彼の正体は...?

シリアスな場面とギャグの場面の対比がたまりません。少女漫画の主人公なのに、照は鼻血は出すし、お顔にヒゲも描いちゃう。ノリの良い友達との絡みや、黒崎との掛け合いが最高におもしろいです!甘すぎる少女漫画が苦手な人に、ぜひおすすめしたい漫画です。また、ミステリー要素もこの漫画の見どころだと思います。DAISYの正体、兄とDAISYの関係は?そして黒崎もタダモノじゃなかった!常に先が気になります。そして、何といっても恋愛要ですよね。目まぐるしく事件が起こり、弱った時に駆けつけてくれる黒崎カッコいい!大人の男の頼もしさにキュンキュンしちゃいます。照と黒崎、それぞれの切ない心理描写には、こっちまで切なくなっちゃいます。恋愛、ギャグ、ミステリーがうまく混ざり合った「電撃DAYSY」ぜひ読んでみて下さい!

 

天は赤い河のほとり

タイムリープものの名作

明るい少女・鈴木夕梨は高校入学を控えた中学生。しかし、ある日突然水たまりの中へと引き込まれてしまいます。彼女は気付くと見も知らぬ場所にたどり着いていました。人々の服装も見たことがないもの。言葉もわかりません。夕梨がたどり着いたのは、古代のヒッタイト帝国の首都ハットゥサだったのです。なぜ彼女がそこにくることになったのか。それはハットゥサの皇后ナキアが、最大の目障りだったカイルを呪殺するための生贄として呼ばれたのでした。ナキアが放った私兵から逃げ惑ううちに、夕梨はある青年と出会います。彼とのキスで言葉がわかるようになった夕梨。その彼こそが皇子・カイルでした。カイルは夕梨を守るため、側室であるということにし、自身の宮で守ることに。しかし、時代の荒波がカイルを襲い、夕梨はそれに立ち向かっていきます。

現在連載中の「夢の雫、黄金の鳥籠」と地理的には同じ舞台の作品です。時代も王朝もまったく違うため、物語の展開も異なっています。夕梨がとにかく積極的。そして正義感が人一倍強いのが魅力です。
彼女は自身の正義を貫くために戦いへ身を投じることも。やがて国民から「ユーリ・イシュタル」との名で親しまれるようになります。イシュタルは戦いの女神のこと。物語の設定上、戦闘シーンが大変多いです。それも国同士の大きな戦争ですね。大変迫力のある展開が続き、その中で奮闘するユーリの姿が素敵です。戦闘シーンも見どころですが、彼女をとりまく人々との日常風景も描かれています。物語の静と動がうまく絡み合い、飽きずに読みすすめられる作品です。

 

動物のお医者さん

リアルに描かれた動物が可愛いコメディ漫画!

高校3年生の冬、西根光輝(通称ハムテル)は学校の帰り道、H大学獣医学部の解剖実験室の側で険しい顔をしたシベリアンハスキーの子犬と出会う。H大学獣医学部の教授と思わしき人物が子犬を捕まえて戻っていく様子をみたハムテルは思わず教授に声をかける。そんなハムテルの様子を見た教授はハムテルが子犬を預けるに足る信頼できる人物だと判断して、子犬をハムテルに押し付けることに。そして教授は「君は将来獣医になる!」と言う。様々な動物を飼っている西根家に新しくシベリアンハスキーが加わり………。

色々な動物たちが登場するのですが、動物たちが非常に可愛く描かれており、動物好きにはドストライクな作品です!動物たちにもセリフが割り当てられており、動物たちを擬人化しているようで非常に面白いです!獣医学部を舞台に主人公や同級生、動物たちの愉快な日常を中心に描かれており、生き生きと活動する動物たちに注目です!北海道大学の獣医学部をモデルにしており、シベリアンハスキー犬ブームの火付け役ともなった作品です!

 

図書館戦争

鬼教官と熱血部下の独特で気になる恋バナ!

本の検閲が厳しい時代の話。高校生の時に欲しかった検閲対象の本を守ってくれた図書隊員に憧れ、図書隊へ入隊した主人公・笠原 郁。憧れの図書隊員"王子様"を目指し、まずは憎き上官を超えると不器用ながらも奮闘していく。ピンチの時に必ず現れる憎き上官を「王子様みたい」と思うようになっていく郁。実は、王子様はずっと見守り続けていたのだった。郁がその事実に気付いてから戸惑い、悩みながらも王子様としてではなく今の上官を見つめて改めて好きになっていく。難関任務の後に郁がきちんと告白し、行動で返事をもらう。そそっかしい郁と、大切に思うあまりにちょっとだけ不器用になってしまう上官とのムズきゅんラブストーリー。

タイトルに戦争と付いていたので物騒な内容なのかなと思って、しばらく避けていました。あるキッカケでこの作品を手にしたのですが、想定していたほどの物騒な内容ではなく、言論・出版についても考えさせられるラブストーリーでした。顔も覚えていない王子様の姿を求めて独力で司書資格を取り図書隊に入隊し、どんな理不尽にも耐え一直線に進む郁の姿がとても素敵でした。一方の王子様も、危険な職を選ばせるキッカケを作ったことに罪悪感を感じ辞めさせようと態と厳しくしたり、危険な時は助けたりと郁を思う気持ちが溢れていて素敵でした。ムズきゅんからの急なベタ甘展開は、何度読んでも心の中で叫んでしまいます。

 

となりの怪物くん

恋と友情それから将来。あなたにもきっと覚えのある青春ストーリー!

成績がすべて、それ以外のものに興味はないー…。ドライアイス、とあだ名をつけられていたほどの冷たい女、水谷雫。高校入学直後、一冊の参考書につられたばかりに学年一の問題児・吉田春になつかれてしまう。ハルは噂通りのやばいやつで、暴力は振るうし意味の分からない言動ばかり。私は勉強ができればそれでよかったのに!と悩む雫。しかし、不器用なだけで一生懸命な彼に、雫の心は動かされる。不器用な二人が、時に傷つき、時に相手の痛みを知り、心を通わせていく。人と触れ合うことで自分の心も見えてくる、人生にたった一度の成長を描いた珠玉の青春ストーリー。

なんといっても最大の見どころは登場人物たちの成長です!友人関係、恋愛それから将来に…理想はあるのになんでか現実はうまくいかない、そんな悩みを実際に抱いていた方もいらっしゃると思います。この作品の登場人物たちも一緒です。リアルな悩みに時に涙し、それでも少しずつ人と触れ合っていく中で何かを見つけていきます。一生懸命な登場人物たちを見ていると、胸がキュッとしてしまいます!登場人物それぞれの恋模様も必見です!読んでいくうちに登場人物全員を応援してしまうことでしょう…。そして怒涛のコメディと胸キュンの連続にガンガン読み進めてしまうこと間違いなし!

 

とりかえ・ばや

生きたいように生きること

この作品は、平安時代の古典 とりかえばや物語をさいとうちほが漫画家したもの。女として生まれた沙羅と男として生まれた睡蓮の兄弟は、お互いに女らしくなく男らしくなかった。それが2人にとって自然で親と周りを悩ませていた。とりかえばや (とりかえたい!)と。そのまま本人の意向で成人の儀は沙羅双樹の君、睡蓮の姫として性を逆で行う。都での仕事も帝や周りの同僚を偽りながら働いていく2人だった。そのうち帝に憧れを持ちはじめた沙羅、帝を欺きながらも惹かれていく恋心は沙羅をどんどん女性として美しくする。男装しても隠しきれぬほど美しい。そしてついにプレイボーイで評判の同僚に沙羅が女ではないのかと疑われてしまう。

平安時代、帝を欺くことは大罪。それでも2人の力は沙羅は男性として、睡蓮は女性として発揮されます。それは幼少期から好きを極めて培ったもの。その仕事ぶりに周りも高く2人を評価します。同じ女性として力強い沙羅はとても魅力的です。また男装していながらも華奢で美しく帝を恋い慕う気持ちをひたすら隠してお仕えする姿が健気で好感を持てます。そして王子様、帝は少女漫画の王道イケメンでちょいちょいグイグイくるのですが、沙羅が隠していたのは男装していたことだけでなないので帝も戸惑い悩み苦しみます。平安時代に現代にも通用する小説があったのかとキュンが足りてない大人の女性に贈りたい作品です。

 

夏目友人帳

妖と少年の優しい時間。

幼い頃に両親を亡くした夏目貴志、夏目の目には普通の人には見えない幽霊や妖怪といったものが映し出されていた。誰にも理解してもらえず、親戚をたらい回しにされた夏目の心は暗く閉ざされていた。高校生になり、遠縁の藤原夫妻の元で暮らすようになった夏目。藤原夫妻は優しく、転校した高校でもそれなりにうまくいっていた夏目だったが、最近しつこく妖怪たちに絡まれることが多くなっていた。それには今は亡き夏目の祖母・レイコが妖怪たちと交わしたある契約が関係していた。強力な妖力を有していたレイコが遺した「友人帳」をめぐり、夏目は用心棒のニャンコ先生と共に慌ただしい生活を送っていくこととなる。

妖怪がたくさん出てくるため怖い話なのか思いきや、そうではなく、そこには優しくて穏やかな時間が流れていました。夏目は、孤独に生きていたからこそ、人の気持ちも妖怪の気持ちも考えられる優しい少年です。そして、そんな夏目を側で見守る斑もまた、優しい眼差しを向けています。どんな時でも夏目を守ってくれる斑は、とても頼もしくて、胸がキュンとします。妖怪たちの中には切ない想いを抱えたものや、哀しい過去を背負ったものがおり、夏目の優しさに触れて心を癒しいく場面は読んでいるこちらが癒されていくようです。

 

NANA―ナナ―

二人のNANAの物語

奈々は恋愛命の女の子。でも男運がないのか不穏な恋愛をしがちでほっとけないタイプ。ナナはバンドのボーカリスト。いつか売れる日を夢みているかっこいいバンドウーマン。そんな性格も全く違う二人だけど、ひょんなことから電車の車内で出会い、意気投合していきます。ある日、奈々が部屋探しをしていると、ナナも同じ部屋に内見しにきていて二人は再会します。そして二人は一緒に住むことになります。楽しい共同生活が続くと思いきや、奈々の彼氏をきっかけに少しずつ歯車が噛み合わなくなっていき、二人のNANAはすれ違っていきます。それでもお互いの思いは強く、生活の節々にNANAを思いながら物語は進んでいきます。

全く違うタイプの二人だけど、すごくいいコンビで不思議と二人一緒だと安心感を感じるようになりました。初めは、奈々は考えが幼稚だとばかり思ってましたが実はしっかり者で、毎回どうにかなっていく様子はさすがとしか言いようがありません。逆にしっかりしていそうに見えるナナの方が、本当は臆病で繊細。そして、そんなナナがいざという時にいつも頼りにしているドラムのヤス。ヤスはあまり多くは語らないけど、アドバイスが的確でとにかく優しくて紳士的で、私の理想の男性像です。いろんな出来事が重なり、二人のNANAの運命もその度に変わっていきドキドキしますが、しっかり見届けていきたいです。

 

七つ屋志のぶの宝石匣

宝石がテーマの珍しい作品!

顕定は子どもの頃、祖母に連れられて質屋・倉田屋に預けられました。普通人間は質屋で預かることはありませんが、顕定は歴史に残る名家・北上家の嫡男だったため魅力的な子どもでした。3年預かって欲しいと言う祖母に質屋の店主は3年過ぎても迎えにこない場合は、自分の孫と結婚させる約束をしました。孫・志のぶは高校生になり、質屋の手伝いをしていますが、不思議ちゃんな志のぶは、宝石の気を感じることが出来きます。一方大人になった顕定は質屋を出て老舗ジュエリー店で優秀な鑑定士として働いていますが、志のぶの勘の方が当たり顕定は複雑。二人は婚約者でしたが、顕定が裏に住んでいることもあり兄妹のようなライバルのような関係でした。実は顕定は、ある宝石を探していて…。

のだめカンタービレで有名な二ノ宮知子作品ですが、七つ屋志のぶの宝石匣も同じくマニアックで面白いのです。宝石好き、原石好きにとても共感される作品になっていて楽しめます。志のぶは不思議ちゃん扱いされていますが、直観で宝石を判断するのは、石好きな素人には良くあることです。婚約者の顕定ともラブラブな感じではなく、仕事のパートナーのような関係でさっぱりしてます。だんだんラブパートが増えていくのかと思いきや、なかなか二人の関係性は変わらず、けれど顕定は志のぶのことを婚約者として意識している描写にちょっとだけキュンとしてしまいます。なんだかんだ志のぶに悪い虫がつかないようにしているように見える顕定ですが、こういう恋愛が理想的です。

 

なまいきざかり。

バスケを通して描かれる青春ラブコメ!

バスケ部でマネージャーを務める高校生2年生の町田由希。大家族の長女であることからサバサバとした性格のしっかり者である由希はバスケ部の主将である先輩に恋をしていた。しかし、先輩には可愛い系の彼女がいることが判明し、あっさりと由希の恋は終わりを告げる。そんなある時、生意気な後輩・成瀬翔にある弱みを握られてしまう!顔は良いけど強引な成瀬に振り回される由希、無愛想な表情であしらう由希だったが、徐々に成瀬の行動に顔を赤らめるようになり……。

無愛想だけど反応が面白く可愛い由希ちゃん、カッコいいのに可愛いところもある成瀬。王道ながらも嫌味のない二人のやり取りにキュンキュンしてしまいます!二人は高校生から大学生へと成長していくのですが、その過程で変化していく気持ちにも共感が出来ることが多々あります!こんな恋愛をしてみたかったと羨む気持ち、自分の若かった頃の恋愛を思い出して懐かしむ気持ち。色々な年代の色々な経験をしてきた人に刺さる少女漫画です!また、恋愛要素はもちろんですが、その他にも二人が一生懸命に部活に打ち込む姿なども楽しめます!

 

なみだうさぎ~制服の片想い~

ちょっとずつ惹かれていく

遠足や運動会なんかよりも一大イベントであり、誰の隣になるのか考えてワクワクとハラハラが一挙に押し寄せてくる、そんな席替えで、主人公である宇佐見桃花のお隣さんになったのは「隣になると一生彼氏ができない」という嫌な噂がある“鳴海空大”であった。その他にもよくない噂があることを知ってしまい、期待に胸を弾ませていた桃花にとってそれは紛れもないハズレであり、いつかは素敵な彼氏ができたらいいなと願望を抱いていた気持ちさえも打ち砕かれたかのように絶望に追い込まれてしまった。そんな中、桃花はその日の出来事を始めたばかりのブログに書き込む。すると、早速そのブログにコメントが付いて温かな内容に癒されていると、鳴海の噂のひとつが真実であることが発覚してしまう。

最初の出会いは紛れもなく最悪でしかないし、読んでいて「桃花ちゃん可哀想だな」と同情してしまったけれど、鳴海くんが本当はただの根暗な怖い人じゃないことがストーリーが進んでいくごとに明らかになっていって、桃花ちゃんと同じように私も鳴海くんの様々な一面を知っていくうちに好きになっていきました。中でも、鳴海くんの印象が大きく変わることになったのは、桃花が生理痛が酷い中で耐えきれなくなって走っている途中に倒れているところを助けてくれたのが個人的にはめちゃくちゃ驚きました。普通だったら経血なんて目にしたら引くだろうに、適切な対応をすぐにできてしまった鳴海くんの対応力が素晴らしくてその瞬間にキュンとしました。

 

逃げるは恥だが役に立つ

職無し、家無しの大ピンチから始まるムズきゅんストーリー

主人公 森山みくりは、派遣切りに遭い無職になってしまう。そんなみくりを見かねた父が、元部下の津崎平昌の家の家事代行を紹介する。お試しで一度行き継続が決まったが、その間に父は田舎暮らしがしたいと自宅を引き払うことが決まっていた。みくりは住むところが無い。かといって、部屋を借りる余裕もない。そこで、平昌に相談して契約結婚に至る。表向きには正式に結婚したことにして、秘密の契約結婚の生活が始まった。自分を守るための心の壁が分厚く高い平昌と、それを心理学的に分析して壊しに行くみくりとのムズきゅんラブストーリー。

森山みくりを新垣結衣が、津崎平昌を星野源が演じて話題となったドラマの原作漫画。平昌の自分を守るための心の壁を作る気持ちが、よく分かると思いながら読んでいました。平昌を好きかもしれないと自覚してから、過去の失敗を振り返りながら慎重に壁を崩しにいくみくりは凄いなと思いました。私なら業務のままでいいやと思ってしまうところです。心の壁が崩れてからの平昌の行動や作中に出てくる妄想のパロディーは好きな場面で、楽しく読みました。契約結婚を経て、正式に結婚して妊娠まで。私がこれから読もうとしている最終巻では、子供が誕生しているようでどんな家族になっているのか楽しみです。

 

ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~

容赦ないニーチェ先生がポイントです

ドラマにもなったこの漫画は、作者のコンビニで働いている実体験が元になってるストーリーです。仁井(ニーチェ先生)くんの容赦ない接客(プラス作者松駒)への対応とかが、凄まじいです。初期の方ではニーチェ先生がバッサリと対応していく様が強烈になっていますが、その他にも売れない品の多量発注で殺気が芽生えるオーナーや宝くじ中毒の宝くじ先輩を始めとしたコンビニスタッフもツッコミどころが満載です。また読んでいくにつれ作者のおっさんへの愛がダダ漏れていきます。13巻からニーチェ先生のお姉さんが原作者となった作者の税金問題のアドバイザーとして登場しています。

ニーチェ先生の客やスタッフの対処がこれやってしまっていいのか?という疑問よりも、すげえ!という感嘆の方が優ってしまって毎回ぶっ飛んでしまいます。ブラックなコンビニで働く作者でしたが、最新刊辺りでは原作者の二足のわらじを履いていて担当さんからのプレッシャーも受けている展開になっています。でも最初の頃よりニーチェ先生の作者松駒への態度が軟化と言うか優しさが見えたりする事もあったりして、ニーチェ先生の方も何かしらの変化が出てきているなと軽く感動していたりします。個人的にこれは青年漫画かなと思っていたのですが、少女マンガ枠の作品だったのでびっくりした思い出があります。

 

のだめカンタービレ

汚部屋女子が恋をする。音楽が繋ぐ恋の物語

玄関の前でイケメンが酔い潰れて寝ていた。千秋 真一、音大のピアノ科4年で有名ピアニストの息子だ。彼が目覚めたのは、ゴミの山と悪臭とピアノの演奏の中だった。この部屋の主は、野田 恵。千秋と同じ音大のピアノ科3年。好き勝手にピアノを弾く天然不思議少女だった。この日から、野田 恵こと"のだめ"は千秋を追いかけ回す。千秋のスタイリッシュな部屋に、こたつを持ち込むなど自分の家のようにする のだめに苛立ちを感じていた。しかし、のだめ がキッカケで個性豊かな人たちと嫌々ながらも関わったり、有名指揮者シュトレーゼマンから様々なことを教えてもらったりと千秋が人として成長していく。怒りから始まったが、いつの間にか恋になっていく。そして、2人はパリに留学した。

野田恵を上野樹里が、千秋真一を玉木宏が演じたドラマの原作漫画。作中に登場するクラシックは、動画サイトで検索して聴きながら読んでいました。この漫画の面白いところは、個性豊かな人たちがテンポよく面白いことをしていくところです。読んでいるこちらも、彼ら彼女らのテンポに合わせてペースが上がっていきました。あまりにコミカルなところが多くて、のだめと千秋の恋の話でもあることを忘れかけてました。千秋を飛行機と船のトラウマから解放してパリ留学させてしまうのだめのパワーの凄いこと。あのパワーは、千秋への愛が出させたのか、不思議ちゃんパワーだったのか。

 

BASARA

圧倒的読後感!

舞台は遠い未来の日本。高度な文明は20世紀末に滅び、日本列島は王とその一族によって支配されていた。物語の主人公は山陽地方の村に生まれた少女・更紗(さらさ)は村を襲った赤の王に家族と仲間を奪われる。赤の王へ復讐を果たすべく、運命の子と予言された双子の兄のふりをし、更紗は仲間と立ち上がった。旅の途中、偶然出会った青年・朱里(しゅり)に次第に心惹かれていく更紗。実は朱里こそが、全ての元凶である赤の王その人だったのだ。更紗と朱里はお互いの正体を知らないまま絆を深めあっていく。日本各地を巡りながら、次第に仲間を増やしていく更紗。復讐は果たされるのか?2人の恋の行方は?

「BASARA」の魅力は何と言っても個性豊かなキャラクターたちです。読めば必ず自分の好きなキャラクターに出会えます。物語の中でキャラクターたちが悩み、生きぬいていく姿に勇気をもらえます。特に主人公の更紗は素直さと優しさゆえに何度も傷つき、その度に立ち上がります。更紗の勇敢さ、儚さは作品中の仲間たちのみならず、読む人の心を引きつけます。幾重にも張り巡らされた伏線が次第に回収されていくストーリーの緻密さには脱帽です。残酷な展開があっても必ずその先に希望がある、読み応えのある作品を求める人には絶対にオススメの作品です!

 

ハチミツとクローバー

優しい気持ちになれるラブストーリー

美大生たちのキャンパスライフ、そこで生まれていく恋愛を描いた作品です。主人公のはぐみは美大で個性的な学生たちと出会い、学生たちと過ごしながら作品作りに励みます。やがてはぐみは作品に情熱を注ぐ森田にしだいに憧れの気持ちを抱くようになります。はぐみは森田が気になるようですが、森田は彼女をからかうようなことをしたり、時に優しくしたりと本当の気持ちがよくわかりません。はぐみのことをかわいいと思う竹本という学生もいて、ちょっと不思議な恋の三角関係ができ上がっていきます。読むほどに恋の行方が気になるストーリーです。

作中のはぐみの言動がとても印象的でした。真剣な面持ちで作品作りをする森田をはぐみが憧れの視線で見つめるシーンは、先輩に恋しているとも受け取れました。確かに作品作りに没頭している森田はかっこよく、はぐみに共感できました。さらに屋外で竹本に接するシーンも気に入っています。虫除けの薬になる葉っぱを竹本の体に貼るようにして「こうすると噛まなくなる」と言うはぐみには胸がキュンとしました。さりげない優しさが光っていたシーンで、竹本ははぐみに恋をした瞬間だと思います。終始はぐみの言動には心動かされっぱなしでした。

 

花ざかりの君たちへ

男子校に通う少女のイケメンパラダイス!

アメリカに住む芦屋瑞稀は、高跳びの選手・佐野泉に憧れて日本の男子校・桜咲学園に転校する。性別を偽って男子校で寮生活を送ることになった瑞稀だが、なんと佐野と同部屋になってしまう。周りの男子たちに女子であることがバレないように学園生活を送る中、瑞稀は佐野がケガが原因でハイジャンプができなくなっていた事を知る。なんとかして佐野にもう一度ハイジャンプに復帰してほしい瑞稀。そして、瑞稀の真っすぐな気持ちに最初は鬱陶しがっていた佐野だったが、瑞稀の熱意に徐々に心動かされていく。佐野と接することが多くなる中、瑞稀も次第に佐野に好意を寄せるようになり……。

中条先生が描く男子高校生がとても美形で惚れてまうやろーー!初めて読んだときは、本当に整った顔に心臓が高鳴りました。特に魅力的なのは瑞稀の寮の寮長である難波南先輩です。物語で学ランを着るシーンがあるのですが、漫画だとわかっていてもすごくスタイルが良くてウットリしました。また、瑞稀と佐野の二人の寮生活はハラハラドキドキの連続で、瑞稀と佐野の距離の近さは堪りません!この漫画は2007年に有名なイケメン俳優たちによりドラマ化されていますが、漫画のほうが恋愛色が強くなっています。イケメン達がたくさん登場するので、イケメンたちの発するフェロモンに浸りたい方は必読です!

 

BANANA FISH

「BANANAFISH」を巡る陰謀の物語

ニューヨークでストリートギャングをまとめるボス、アッシュ・リンクスは、その手下によって襲われた瀕死の男から、ある場所の住所と、「バナナフィッシュに会え」と伝えられ、最後に小さな入れ物に入った薬物サンプルを受け取った。バナナフィッシュとは、ベトナム戦争で麻薬にやられて廃人になったアッシュの兄、グリフィンがよく口にしている言葉だった。そしてアッシュはバナナフィッシュを追うことになる。そして同じ時、ギャングをまとめあげる力を持つアッシュを取材する為、カメラマンのアシスタントとして日本からやって来た少年、奥村英二と出会う事になる。

私はアニメで初めて見ましたが、おそらく、これからもずっと一番好きなアニメになると思います。アッシュは端正な顔立ちでブロンド、グリーンアイのため男性にもモテるようで、その中で精神的、肉体的屈辱を受けていた暗い過去があり、表と裏ではこんな風に違うんだな、とアッシュを思うと悲しくなりました。それでも、英二と出会った事で、アッシュはだんだん、本当の愛ってどんなものなのかを、何となく知るようになっていき、それを見ると安心して涙が出ました。後に2人は絆で結ばれた親友になりますが、試練を潜り抜けた後、それを最後に二度と会うことは叶わなくなり、辛さと切なさが胸に込み上げてきてやりにれない気持ちになりました。それでもアッシュは最後、穏やかな表情でいた事が少しの救いだったのかな、と思いました。

 

花より男子

媚びない女・牧野つくしの夢物語!

お金持ち高校生とボンビーガールの牧野つくしの学園生活、貧乏というよりも入学先の学園の生徒が成金すぎる!そんな格差の大きい学園に通うことになったツクシ、もちろん浮いた彼女はいじめのターゲットにされてしまい、ついにF4を敵に回すことに。そんな戦いの日々のなかで道明寺司がつくしに惚れてしまうことからいじめも一転します。つくしと司のちぐはぐな関係がスタートするのです。身分格差からお互い理解しあえない暮らしぶり、考え方の乗り越えて2人は徐々に関係をちじめていくことに。
多くの障がいを乗り越えて本物かどうか気持ちを温めてゆくストーリーです。

財閥に好かれるボンビーガール。つくしの置かれた立場は女子にとって誰もが夢物語に近く、愛読者の女子の好奇心をくすぐります。もしもわたしだったら??という妄想を描きながら、楽しめるドタバタ劇です。つくしと司、2人がゴールインするまでに多くの試練が待ち受けています。そんな試練に立ち向かう2人のたくましさ。つくしのたくましさは少女漫画では例の見ないキャラクターでしょう。財閥に好かれても一切女として人間として媚びない女、そんな強い人間、牧野つくしのキャラクターが良い。彼女だからこそ共感でき応援し、愛読もしたくなるというものです。

 

ハニーレモンソーダ

ひたすらまっすぐな純粋ラブストーリー!

主人公の羽花は中学時代「石」と呼ばれていじめられていた。友達はゼロ、親に心配をかけたくない、誰にも相談できない。でもこんな自分から変わりたい。そんな時、レモン色の髪がトレードマークの界と出会い、強烈に憧れを感じた羽花は彼を追って八美津高校に入学する。それをきっかけに、自分に自信がなく引っ込み思案だった羽花は界の手助けを受けながら少しずついじめられっ子で卑屈だった過去から抜け出し、横でそんな様子を見守る界も羽花の頑張る姿に知らないうちに惹かれていく。紆余曲折の末、距離が近くなっていく二人だが、界の様子がおかしく……。

いい意味で王道な青春ラブストーリーです!過保護な親の傘に隠れていて、なおかついじめられていたことで殻に閉じこもっていた羽花を光の方へと引っ張っていく界はものすごく眩しくて、こんな人がいたらいいなと思わされます。また、界ばかりが助けている訳でなく、羽花が界の辛い時や弱っている時、例え彼が邪険に扱ったとしても何度も真正面からぶつかっていく芯の強さ、真っ直ぐさがヒロインとして本当に素敵で応援したくなります!そんな羽花だからこそ誰に対してもどこか冷めた界が好きになったんだと納得です。普段はツンツンですが羽花にだけ時折サラッと甘い言葉を言うのが反則級に胸キュン!全少女漫画好きに勧めたい作品です!

 

Honey Bitter

とろけるように甘い「ハニー」と、なぜか心が惹かれてしまう「ビター」。

「人の心が読める」といった不思議な力を持って生まれた珠里は、その力を生かすべく、叔母のいる探偵事務所の調査員として働き始めた。その力を持っていることで、家族とも上手くいかずにいた珠里が初めて自分の力を人の為に使うことが出来る。こんなチャンスを逃すまい。そう意気込んで事務所を訪れるとそこに居たのは昔の恋人で?!初日からハプニング勃発!珠里に一目惚れしたという天然ワンコ系男子も事務所で一緒に働くことに。仕事どころじゃない!でも、調査員としてテロリストの心を読む仕事を任されたり、現実は余裕なんてなかった…悪戦苦闘しながら、様々な試練を乗り越え成長していく珠里。その時珠里の傍に居るのは一体誰なの?死と隣合わせの現場でハラハラ恋愛サスペンス!!

恋愛だけではなく、調査員として、自分の能力に向き合いながら成長していく珠里の姿には、現実離れした力にも関わらず、感情移入してしまいます。また、クールで感情がないように見える珠里の元恋人が、調査員として奮闘する珠里に関わり、その優しさと儚さ、強さに触れることで、凍った心がゆっくり溶けていくように、人間らしい感覚を取り戻して行くところも見所です。彼の心が凍っていった過程は途中読むのが辛くなってしまうほど、重たい物でしたが、それを乗り越えていく姿は、心を動かされ、惹きつけらレました。漫画らしい「ハッピー」だけではない、人間味のある作品です。

 

春待つ僕ら

イケメン4人+1人との、青春恋物語!!

自分を変えたくて、本当の友達がほしくて、あえて遠くの高校を受験した主人公美月は、入学後いまだ友達出来ず……。そんな中、バイト先のカフェで人違いをされたことがきっかけで、バスケ部のイケメン4人組と絡むようになります。その中の一人、浅倉永久とは同じクラス。ふとしたことがきっかけで、自分の胸の内を話すことになり、それを黙って聞いてくれてた彼が、「素直でよろしい」と頭をくしゃくしゃされ……。その日以降、いつも一人だったお昼の時間も、なにかと彼ら4人組が付きまとうようになり、美月の毎日は動き出します!

バスケ部のイケメン4人組と仲良くなること自体が、羨ましい展開ですが、なにより主人公の美月が真っすぐでいい子なので、俄然応援したくなります。そして、イケメン4人それぞれが、バスケにも恋にも真面目で、最高にかっこいいです!全然チャラくないし、浅倉君が次第に美月に惹かれていく様も、とても自然で、奥手かと思いきや急に男気だしてくるところとか、たまらなくかっこいいです。恋も友情もバスケも、すべてがバランスよく組み込まれていて、ラストまで飽きたり間延びすることなく存分に楽しめます!最後に、それぞれの番外編もあって、みんなハッピーエンドなので、読後の爽快感はばっちりです!純粋に青春を感じたい人におすすめの作品です。

 

パーフェクトワールド

車イス?そんなの関係ない。大切なのは気持ち

川奈つぐみは、昔から絵が得意だった。高校卒業後は、東京のインテリアデザイン会社に就職。大学生の時に事故で脊髄を損傷して車イス生活になっていた鮎川樹と東京で再会し、付き合い始める。樹が心配なつぐみは、樹の家に通う回数を増やして疲労で倒れた。これをキッカケに、樹は別れを切り出した。そんな矢先に父親の病が分かり、退職して地元である松本に帰ることになった。そこで偶然再会したのが、つぐみと樹の高校の同級生である洋貴だった。洋貴は高校時代、つぐみに好意を抱いていた。再会したことによって思い出し、樹と別れたつぐみに告白をして恋人となった。高校の同級生の間での三角関係。つぐみは、どちらを選ぶのか。

つぐみと樹が付き合い始めて、樹の介護ヘルパーさんが樹に好意を抱いていると気付いたつぐみの気持ちが痛いほど伝わってきました。だったら、自分がと頑張ってしまうところも。倒れた時は、やっぱり無理がくるよなと思いました。そして、樹からの別れ話も納得でした。介護は短距離走じゃなくて、長い長いマラソンだから頑張り過ぎるつぐみを見ているのが辛かったんだと思います。言葉のひとつひとつに、つぐみを想う気持ちが詰まっているなと思いました。つぐみの気持ちが決まってからの強い意志と樹との固い絆には、涙が止まりませんでした。

 

ひるなかの流星

田舎の女の子にも夢がある!

田舎でのほほんとした生活を送っていたが、両親の都合で都会の高校に転校し新しい生活を送ることになった与謝野すずめ。初めての都会で迷ってしまったところ、ひょんなことから獅子尾と出会う。しかし獅子尾はすずめの転校先の高校の担任の先生だった!すずめの新しい学生生活が始まると席が隣になった馬村と仲良くなる事ができる。そして最初は苦手に感じていた獅子尾に助けられることが多くなり徐々に惹かれていくすずめ。さらに馬村もすずめのことが気になっていく。一方獅子尾は…馬村、獅子尾、すずめの三角関係はどうなっていくのか!

見所はやはり馬村と獅子尾のかっこよさです。2人とも違うタイプのイケメンで自分だったらどっち派か考えるのがとても楽しいと思います。馬村とはクラスメイトとの恋愛なのですが、獅子尾は担任の先生なので先生と生徒の禁断の恋愛でもあります。獅子尾は自分の立場もわかっているがすずめに対する気持ちが抑えきれなくなるダメ男感もまたいいです。キュンキュンポイントがたくさんあるので好きなシーンを何回も読み返したくなります。獅子尾先生はすずめのことを「チュンチュン」と呼ぶのですがそれがとても可愛らしくて好きです。また、登場人物は全員動物の字が入っていると言う共通点もあったり、細かいところまで楽しめる作品だと思います。

 

覆面系ノイズ

本当の心を隠して、音楽を奏でる

歌うことが大好きな有栖川仁乃(ニノ)は、初恋の相手で幼なじみの榊桃(モモ)ともよく一緒に歌っていた。ある日突然、桃が引っ越して離れ離れになってしまい、ショックを受ける。その頃、由比ヶ浜で作曲をしている杠花奏(ユズ)と出会い、曲の続きを毎週楽しみにしていたが、一緒に歌ったのを最後に会えなくなってしまう。モモ、ユズの2人と約束した「いつの日か歌声を目印に、ニノを見つけ出す」という言葉を信じ、ニノは由比ヶ浜で歌い続ける。高校生になり、ユズと再会したニノは、ユズが所属するバンド・イノハリのボーカルに誘われる。一方、ニノと同じ高校に通っているモモは、桐生桃という作曲家として活動していた。ニノを想い、ニノのために使ってきた曲を金のために売っている罪悪感から、ニノを避けてしまう。

ニノ、ユズ、モモの三角関係にドキドキし、音が聴こえてきそうな迫力のあるライブシーンが素敵です。イノハリのビジュアルも魅力的で、実際にいたらファンになってしまいそうです。キャラクターのモノローグで語る心情や本心を隠した言動に感情移入してしまい、胸がギュッと掴まれる思いや泣きそうになるシーンがあります。ニノを想うユズとモモ、それぞれが親に縛られている共通点があり、親との関係や活動への影響はどうなるのか、ニノと結ばれるのはどちらなのか、気になりながら読み進めてしまいます。他にも、ユズ、ハルヨシ、深桜の三角関係や、クロの叶わない片想い、ライバルでもあるユズとモモの友情も描かれていて、見所が満載です。

 

BLACK BIRD

妖怪と少女の恋愛ファンタジー

ヒロインの女の子美沙緒は、100年に1度生まれる「仙果の娘」で、妖怪の嫁に迎えると一族が繁栄されるとされ、狙われる運命に!そこで、幼馴染で小さいころに別れた、初恋のお男の子、匡と再会。でも、その男の子の正体は、天狗の長だった。自分は妖怪から狙われると知る美沙緒。でも、好きだった男の子は、自分を狙う妖怪。匡は美沙緒を好意を告げるが、思い通りにいかず。美沙緒は匡に惹かれているけど、妖怪という存在だから素直になれない。いろんな妖怪から狙われる美沙緒を、匡が守る。色んな試練を2人で越えながら、惹かれていく物語です。

全体的に物語がスムーズに進むので、飽きずに読み進められます。物語の流れは「付き合う前・付き合ったあと〜」というように、2人の関係が変わっていくのが見所の一つですね。毎回、キュンポイントがあるから、女の子はたまないです。また、シリアスなシーンもあるので、結末のドキドキ感も味わえます。けれど、シリアスなシーンが続く訳ではなく、「キュン・ギャグ・涙あり」の3拍子が揃っている少女漫画です。イケメンキャラクターも数人登場するから、推しが必ず見つかるはず!絵柄も綺麗で、特に表紙は凝っているので、巻数が揃うと圧巻です。

 

フラレガール

明るい柴犬男子と、お色気たっぷりJK

赤坂響は、その豊満なボディとふんだんに色気を纏うその雰囲気から「愛人」と呼ばれていた。いつものように、告白に呼び出された響は、偶然上から降ってきた水によりびしゃびしゃに濡れてしまう。下着が見え、男子がざわめきたち響が泣きそうになっていた時、助けに来たのは青山くん。以前、「俺の愛人になってください」といった失礼な告白をした同級生の男子だった。元彼は大人で落ち着いていて、デートもお洒落だったことを、青山との放課後デートで思い出す。猫カフェといい、猫の溜まり場に連れていき明るく楽しむ青山に癒されていく響。恋愛に臆病になっていた響は青山によって変わっていく。

こんなに色気全開の女子高生が存在するのか、という現実問題はさておき。響と青山くんの天然具合が凄まじいと思う。ピュアで天然のわりに、高校生らしい初々しいイチャイチャもあり、とても微笑ましい恋愛漫画だと思う。前半は、身体目当ての他の男子と比べ、青山くんの純粋さが際立つ。響の内面の優しさや可愛さをよく見ている。そして、まさか中学生時代に既に仲良くなっていたのにお互いを認識していないのが面白かった。青山くん、大きくなったから再びプロポーズできるぞ、と応援したい。2人の守護霊同士の戦いも面白いので、ぜひ見てほしいところ。

 

プロミス・シンデレラ

高2男子と27歳バツイチ女性のキャッチーな恋愛模様

夫と離婚することになり家を出た早梅(はやめ)27歳は、不運なことにお金の入ったかばんも盗まれ仕方なく公園で野宿をすることになりました。そこにやってきた高校生グループのリーダー格の壱成(いっせい)。壱成は以前に、気の強い早梅に恥をかかされたことがあり、復讐のチャンスだと面白がります。しかし住むところもなく気が滅入っている早梅を、壱成の親が経営する旅館で働かせるとしだいに惹かれ合う2人。そんな2人の前には早梅に好意を持つ他の男が現れ、高校生である壱成に自立できていないガキに何ができると言って早梅に猛アプローチします。生活力も経済力もないことに負い目を感じ、早梅と結婚するために自立しようともがく壱成。そして年上なのだから自分がしっかりしなくてはと言い聞かせる早梅。2人の未来はどうなるのでしょうか。

早梅のことを気の強いオバサンだと思っていた壱成と、壱成のことを気に入らない高校生と思っていた早梅。そんな2人が同じ屋根の下で生活する中で人としての魅力に惹かれ合い、恋愛をします。高校生男子と10歳近く年上の女性の恋愛。それは簡単にはうまくいきません。壱成は歳の差なんて気にならないと強気ですが、早梅は気持ちだけではどうにもならないこともあると現実的です。壱成は自立するために一人暮らしを始めたり、モデルのアルバイトを始めますが、かえってそれが2人の間にトラブルを巻き起こすのでした。将来のために今は我慢をしよう。そういってささやかなプレゼントでクリスマスを過ごす2人を応援したくなります!

 

古屋先生は杏ちゃんのモノ

一途でストレートな恋心を楽しみたいならこれがオススメ!

バイト先で女性に見事にフラれるシーンを見た主人公杏ちゃん。そして学校に行くとそのフラれ男性が新しく来た先生で…。先生の純なところや不器用なところにどんどん惚れていく杏ちゃん。そしてそんな杏ちゃんにいつのまにか惚れてしまう学校1のイケメンキミシマ君。杏ちゃんの恋を応援しつつも自分の心に嘘がつけなくなっていくキミシマ君の行動や表情に読者もどんどん引き込まれていきます。一途すぎる杏ちゃんに、先生もどんどん惹き込まれいつの間にか相思相愛。それぞれの恋を楽しい大阪弁に乗せて軽快な会話でテンポよく話は進んでいきます。

絵柄が可愛いことはもちろんのこと、内容がとにかく面白くて可愛い!1冊で何回吹き出して笑ってしまうかというほど大阪弁での会話が楽しい作品です。一づなのは主人公杏ちゃんだけでなく、登場人物それぞれが心に想っている相手を大切にし、寄り添い本当にほのぼのと、そして切なくなる漫画です。無料漫画で読み始めましたがやっぱり最後はどうしても読み進めたくて購入してしまいました。購入して後悔なし!の久々楽しい漫画でした。心をワクワクさせるのがやっぱり漫画の王道ですよね。この漫画はドストレートに王道をいってるオススメ漫画です。

 

Bread&Butter

ほろ苦い恋は美味しいパンと共に

あることをきっかけに小学校の教師を辞め、婚活を始める柚季でしたがなかなか上手くいかず自信を無くしてしまいます。そんなある日、古い文房具店の「パンあります。」の張り紙に惹かれ、お店に入ります。そこには洋一という大きなひげ面の男が。二人でパンの試食をするうちに一緒に美味しいご飯が食べたいと思い始めた柚季は、感情のままに逆プロポーズをします。洋一の返事はまさかのOK。急展開の二人の関係がすんなりと上手くいくはずもなく…柚季の心の傷、洋一の過去と様々な壁が二人に立ちはだかりますが、その側にはいつでも美味しいパンが寄り添うのです。

初っ端から急展開だな~と驚いたのですが、読み進めていくと、こういうことがあったからなのかなと少し納得しますし、あそこで動かなかったらこの二人は結ばれなかったのかもしれないと感じます。お互いに人間関係に臆病になっているところがありますが、美味しい食事をすることで距離が縮まっていく様子にこちらも穏やかな気持ちになります。二人の関係も気になりますが、なんといってもパンが美味しそうなんです!懐かしい感じのものから、おしゃれなものまで。そのままだけじゃなく、アレンジもたくさん載っているので、読むとパン屋さんへ走りたくなります。

 

フルーツバスケット

秘密が織りなす学園ラブストーリー。

主人公の本田透はすでに両親が共に他界しており、祖父の家で養われていた。その後、高校生になり遠回しに家を追い出された透は頼れる所もなく山にテントを張り生活を送っていた。しかし、その土地はクラスで人気者のイケメン男子・草摩由希が住む草摩家の敷地内で、そのまま草摩に見つかってしまう。草摩家のご厚意から家に居候させて貰うことになった透だが、透はそこで草摩家の一族に続く秘密を知ってしまう。なんと彼らは異性に抱きつかれると十二支と同じ動物に変化してしまうという特殊体質を持っていた。本来なら秘密を知ったものは記憶を消されてしまうのだが、透は家事を条件に草摩家で過ごすことになり……。

人が動物に変化すること以外はごく普通の日常が描かれており、透の学園生活などでは身近に感じることも多々ありました。また、草摩家に生まれたことで悩みを抱える彼らに、純粋な透がそっと寄り添うことで気持ちに変化が生まれる描写が印象的です。自分自身が嫌いと感じたり、大切な人には自分が犠牲になってでも幸せになってほしいと思うことは共感できる人も多いと思います。そんな自分を否定せず、自分の良い所を見つけてくれたり、自分が一番言ってほしい言葉をかけてくれる透の言葉にとても感動しました。そんな優しい言葉があふれた作品です。また、草摩家の人々の動物姿も非常に可愛いのでお楽しみに!

 

放課後、恋した。

甘酸っぱいスクールライフ

自分の存在意義が見出せず、夢中になれることが何もない女子高生の葉山夏生は後ろ向きな気持ちで男子バレーボール部の臨時マネージャーをしていた。夏生の兄は同じ学校で先生をしており男子バレーボール部の顧問でもある。ある日夏生は兄から同学年でバレーボール経験者の久世渚を必ず入部させるよう命じられる。逆らえない夏生は久世に入部を頼み込むが、とある理由でバレーボールの世界から離れていた久世は一向に首を縦に振ろうとしない。そんな中久世が誰もいない場所でひっそりバレーボールの練習をしている姿を見かける。久世のことを諦めきれない夏生は懸命に入部を促す。そんな夏生の姿に久世も徐々に心が動き入部を決断し再度バレーボールをすることに。バレーボールにかける思いと2人の関係が同時に少しづつ動いていく・・・

学生時代にしか味わえないであろう甘酸っぱい青春がたくさん詰まっている作品です。まっすぐな性格で少し鈍くさい主人公の女の子を、からかいながらもいつもさりげなく助けてくれる男の子が素敵です。2人の関係がくっつきそうでなかなかくっつかない、でもお互いを思いやる関係性は見ていて温かい気持ちになります。王道の恋愛ものですが、出てくるキャラクターの心情がとても丁寧に描かれており、登場人物それぞれに感情移入したくなります。みんなポジティブなので読んでいて前向きな気持ちになります。こんな恋愛したかったなと思わせてくれるリアルな描写に引き込まれます。

 

ぼくの輪廻

時をこえ転生をくりかえす男女の、ドタバタ喜劇

主人公乃木篤朗は新連載を開始した漫画家。彼が描く作品は、実は彼の前世(僧侶だが女性を好きになってしまう)での体験がもとになっていた。そして乃木のアシスタント花撫こそ、前世で彼が恋した女性の生まれ変わりだった。相思相愛のはずの二人だが、乃木の親友アキラもまた、前世では結ばれなかった乃木と今度こそ!と願い、いろいろと画策。乃木と花撫が二人きりになることを阻止すべくアシスタントをかってでる。やがて花撫も漫画家としてデビューする。(ペンネームはフナムシデカロー)花撫も前世の記憶を、彼女の視点で漫画にしていく。しかし、花撫がフナムシデカローだと知らない乃木は、誤解から親友アキラがフナムシデカローなのだと考える。ギャグ多めの転生大ロマン!

前世で結ばれなかった恋人たちが現代日本で再会し……といった少女漫画は他にも多数ありますが、この作品はとにかくギャグシーンが多いのが特徴です。それでいて、『小柴垣草子』などの薀蓄もくわしく載っています。また、ヒロインとヒーローそして彼らを取り巻くキャラクターは何度も何度も生まれ変わって、再会しているものの結ばれない運命を背負っているという設定のため、いろいろなシチュエーションが楽しめます。(僧侶として生きていた乃木が別の時代では武士になっている。庶民だった花撫がお姫様に転生している、など)シャープな線の絵柄はスタイリッシュで読みやすく、漫画業界ネタが多いのも見所のひとつです。

 

ホタルノヒカリ

職場には隠せ!秘密の共同生活

雨宮蛍 27歳、インテリア事業部に勤める「ソツのないOL」だ。そんな雨宮は家に帰ると、3本ストライプのジャージにちょんまげ頭でゴロゴロするのが大好きな干物女になる。ある日、雨宮が家でゴロゴロしていると誰かが入ってきた。雨宮の職場の部長、高野誠一だった。綺麗好きな高野は、汚い家に愕然とする。そもそも、高野の実家になぜ雨宮が住み着いているのか。なんと、居酒屋で呑んでいた時に出会ったオジさんと酔っぱらった状態で口約束で契約したというのだ。酔っぱらったオジさんというのが高野の父親だった。ここから、綺麗好き上司と干物女な部下の秘密の共同生活が始まる。

家に居るときの格好が一緒だ!と親近感が真っ先湧いた作品です。家でまったりしてる時に、高野が入って来たときは背筋が凍りました。その原因を使ったのが自由奔放な高野の父親だと知った時は笑えました。そして、高野の人柄がこんなにもキッチリしている理由も。父親を反面教師にしてたんだと。「アホ宮」と散々言いながらも、面倒を見ていく高野にはキュンとなりました。年上、頼り甲斐があっていいなとも。雨宮と高野が同居していることがバレそうになるシーンでは「うわ、バレる!そこ、そこにいる!」と何度思ったことか。このスリルも、この作品の楽しいところです。

 

ホリミヤ

一冊読めばあなたもホリミヤファンに!

クラス一モテる美人の堀京子(ヒロイン)と、見た目が陰キャで根暗の宮村伊澄(主人公)が織りなす超微炭酸日常系ラブコメディ。一見派手な見た目の堀ですが、プライベートでは弟の面倒をみたり、家事をしていたりと主婦のような女子高生。毎回友達からの誘いも断り弟の迎えに行くなど、遊ぶ時間がほとんど無いにもかかわらず親に対しては文句を言わず。一方宮村は学校以外ではピアスにタトゥーとかなり派手な格好。お互いに学校での様子からは想像の付かない彼ら。しかし、とある理由から学校の外でばったり出会い、秘密の関係が始まります。2021年1月からテレビアニメ化もされており、注目の人気作品です。

ホリミヤではただ美男美女だったり、理想の甘酸っぱいシチュエーションがおおかったりする一般的な恋愛漫画と異なり、リアルな人間性や恋の駆け引き、友情関係が描かれているため、読んでいると、つい「うんうん」と頷いてしまうシーンが沢山出てきます。また、ホリミヤのいいところは、どのキャラクターも憎めないということ。どの恋愛漫画も気に入らないキャラの一人や二人はいるのが常であるような気もしますが、ホリミヤは読めば読むほど全てのキャラに愛着がわいてきます。ホリミヤには主人公とヒロイン以外にもも数々のカップルが登場するので、是非お気に入りのカップルを見つけてみてください。

 

まいりました、先輩

こんな青春おくってみたかった!

高校に入学して2ヵ月、世里奈は自分の机にラブソングの歌詞が落書きがされているのを発見します。
その犯人が2年生の先輩、水川でした。水川のことが気になる世里奈は、どうにか接点を作り強引にアタック!見事付き合うことになります。初めての彼氏に、どうしていいか迷いながらも一生懸命に水川のことを大切にする世里奈。そんな世里奈の気持ちが届き、最初はぶっきらぼうだった水川も徐々に心を開いて、不器用ながらも愛情を示します。初めてづくしの経験を経て、ちょっとずつですが距離を縮めていくふたり。学生だからこそのキラキラとした愛情表現がまぶしい作品です。

世里奈の一生懸命さが最初の方だけでなくて、気合の入れようがずっと変わらないのがすごいですが、水川先輩も本当に高校生ですか?とツッコんでしまうほど愛情表現がロマンティックなんです。初体験に向けて、いろんな思いを抱える世里奈にエアーで試してみようと持ち掛けるエピソードが印象的で、世里奈の気持ちを面倒と思わず受け止めて、気まずくならないようなユーモアで対応してくれたのが、同じ女として勝手に嬉しくなっちゃいました。そして胸キュンしちゃうのは水川先輩だけじゃないんです。読んでいると、カッコいい先輩、優しい先輩に囲まれた世里奈がすっごく羨ましくなります。

 

町でうわさの天狗の子

天狗だってときめきたい!

天狗の娘である主人公・秋姫は力持ちなだけで、恋に憧れたり自分に自信がもてず悩む女子高生。同じ中学出身で人気者のタケル君にときめいたり、兄妹のように育った幼馴染の瞬ちゃんと口喧嘩をし、「天狗の子」として距離を置かれていたクラスメイトと打ち解けあうなど、天狗の子とは思えないくらい普通の高校生活を送っています。しかし、そこはやはり天狗の子。禁足地である父親の天狗が住むお山には、眷属であるキツネ、たぬき、うさぎ、猪がおり、秋姫を「姫様」と呼び、慕いながらも天狗として生きるようことある毎に導こうとします。秋姫は天狗の自分を拒否し続けますが、普通の女子高生として暮らすには力をコントロールしなくてはいけないことに気づき、普通に生きるため修行を始めることに。秋姫は天狗としての自分とも向き合いはじめます。

天狗の子というフレーズから、ファンタジーの戦いものというイメージがありましたが、主人公の秋姫が、車を持ち上げるくらいの力持なだけで悩み多き普通の女子というのが、とても共感でき、読んでいて応援したくなります。憧れのタケル君や幼馴染の瞬ちゃん、最初は秋姫を奇異な目で見ていたクラスメイトたち、欠点はあるけれど悪人がいないので、ツライ気持ちにならないので、どんどん読み進んでいけました。眷属のキツネ、たぬき、うさぎ、猪もみんな性格が違い、決して清廉潔白な存在ではなく、女性にデレデレしたり甘いものを食べて喜んだりするのが、可愛く微笑ましい。後半、青春ものから、天狗と鬼の戦いへと進んでいき、涙してしまうところもあり、その変化も面白いです。

 

水玉ハニーボーイ

侍女子高生とオネェ男子高校生のラブコメディ!

中学・高校共に強豪の剣道部主将を務め、「侍」とも呼ばれている仙石芽衣は、さっぱりとした男前な性格をしているため、女子からの告白を何度も経験していた。しかし、その芽衣でも今回の告白は、動揺していた。芽衣に告白してきた相手は、口調や仕草の女子力が高いと有名な隣のクラスの男子、藤司郎だったからだ。司郎は芽衣のファンで、以前からお菓子の差し入れなどをしていた。先日、けがをした時にも助けてもらい、芽衣に特別な感情を持つようになったとのこと。しかし、芽衣は恋人を作る気もないし、親切にするのは好意があるなどの理由ではないと告白を断る。それでも諦めないと司郎は宣言し、芽衣の告白されまくる日々が幕を開ける。

文武両道で正義感の強い侍のように男前な女子と、料理上手で手芸も得意で所作も綺麗な女子よりも女らしい男子の恋愛という設定がまずおもしろかったです。ヒーローとヒロインの役割が逆転してしるし、いろんな意味で正反対の2人。この濃いキャラたちの恋愛がどんなものになるか想像ができませんでしたが、話が進むにつれて芽衣の女の子らしい表情や司郎のかっこいいところを見ることができます。また、恋愛要素だけでなく、芽衣と司郎の掛け合いなどのギャグの要素もふんだんに盛り込まれていました。ラブコメとしてのバランスも良く、おもしろかったです。

 

ラストゲーム

10年の純愛ラブゲーム!

親がお金持ちで、勉強も運動もできる自信家だった柳の前に現れた、転校生の九条。今まで何もかも一番だったのに、彼女には全てにおいて勝てません。屈辱を味わう柳が思いついたのは、『自分に惚れさせて振る』というラブゲームでした。始めは、九条に対して勝つことだけを目標にしていたものの、裕福ではなくても自立している九条の姿を見ているうちに惹かれてしまい、10年にも渡る片想いが始まります。九条にとっても、小・中・高・大学と一緒に過ごしていくうちに、柳の存在がかけがえのないものだと気づき、2人の幸せにたどり着くラブストーリーです。

負けず嫌いな性格で、表情に出やすい柳が魅力的です。根が真面目なので、努力はきちんとするし、誰よりも九条のことを大切に一途に想っているというギャップがたまりません。勉強や恋愛、友達やバイトなど、それぞれの場面でキャラクターが前向きに進もうとしているので、読んでいてポジティブな気持ちになります。負かしてやる、という思いから始まったゲームですが、“勝ったら薬指に指輪をはめてもらうこと”に変化している所にキュンとします。10年に渡る2人の関係性が少しずつ進んでいく様子にもドキドキするし、幸せの象徴とされる2人の結婚がゴールラインになっていることが、王道ですごく幸せな気持ちになれる終わり方だったと思います。

 

LOVE SO LIFE

ほっこり育児&恋物語

主人公の中村詩春(16歳)は母親を亡くし、孤児院で暮らしていた。保育士という夢を叶えるため、高校生活の傍ら孤児院に併設されている保育所でアルバイトをする日々を送っている詩春。そんな中、双子の茜・葵の保護者であるアナウンサーの松永政二(26歳)に「うちでベビーシッターとして働かないか」とスカウトを受ける。双子の育児と仕事の両立に疲れ切っていた松永は、すがるような目で詩春を見つめてくる。破格の給料といい経験になるという園長の言葉に背中を押され、双子のベビーシッターを引き受けることになった詩春。双子の成長を見守りながらも、同時に保護者である松永と詩春の恋物語もゆっくりと育っていく。

茜・葵は性格が正反対の男女の双子。そんな双子のそれぞれ違う可愛さに胸を打たれること間違いなしです!そして、詩春もとっても素直で良い子なんです。詩春の子どもへの接し方も「こうすればいいのか・・・」と勉強になることばかり!母親になる前から読んでいた作品でしたが、子どもが生まれてから読んでも目からうろこが落ちまくりです。この物語では親子の愛・恋人同士の愛など色々な愛の形が描かれており、疲れた心をそっと癒してくれます。そして、一歩一歩ゆっくり進んでいく詩春と松永の恋愛模様はもどかしく、でも自然と応援したくなる、そんな二人が10歳の年の差をどう乗り越えていくのか注目です!

 

ラブファントム

完璧な怪人との秘密の恋

主人公モモは、一流ホテルに入っているカフェで働いています。勤務後にそのホテルの展望台に、そこで1人の男性が目に留まります。そこから消えてしまいそうと、声をかけ2人目が合い気づけばキスが始まります。どこの誰か分からない人とだと思っていたらまさかの同じホテルではたらくエリートマンのハセさんでした。周りからは完璧すぎて怪人とまでいわれています。再会した2人はまたキスをし気持ちを伝えあうがすれ違います。そんな中、ハセさんがモモの家に来ます。そしてまたキスが始まりようやくお互いの気持ちが通じ秘密のオフィスラブが始まります。

いきなりキスから始まる恋、しかも恋愛経験の無いモモが会ったばかりの見知らぬ人と。今までだったら絶対考えられないはずです。しかもそんな相手は隙がなくて完璧で怪人と呼ばれるエリートマンです。きっとふつうに仕事中などに出会っていたら付き合うことなんてなかったのだと思います。裏表のない周りから愛されるモモ、抜けているところもあるけれどハセさんのことはいちいちみぬいて射止めていきます。天真爛漫なモモを日に日に好きになっていくハセさん。そんなハセさんに溺愛されていくモモ。周りには秘密にしようとより燃える恋に、歳の差恋愛や溺愛ものが好きな方にはたまらない作品です。

 

黎明のアルカナ

政略結婚から育む恋愛

敵対する国セナンとベルクートは、王族同士の婚姻により平和を保とうとする。赤い髪を持つことから疎まれていたセナンの王女ナカバは、ベルクートの第2王子であるシーザの元へと嫁ぐ。最初はぎこちなかったナカバとシーザだが、様々な出来事から心を通わすようになり、次第に愛し合うようになる。実はナカバには、過去と未来を見ることができる刻のアルカナという能力が備わっていた。その強大な力に戸惑いながらも、ナカバは世界を平和へ導こうとする。だが、愛し合うナカバとシーザにとって、その選択は過酷なものとなった。更に、ナカバの従者であるロキに裏切られ、ナカバとシーザの心が揺らぐ。

政略結婚から始まったナカバとシーザの恋は、かなり前途多難に思われました。互いに互いを警戒し、心を通わせることなんて無理だと思ったんです。ですが、赤い髪を持っていることから孤独だったナカバと、そんな彼女の寂しさや辛さを理解していくシーザとの関係が、とても心を打ちます。きっと、普通の恋愛漫画ではこういう関係性はできないと思うんです。そして、誰よりもナカバを愛し、そして憎んだロキという存在。彼の存在がまた切なくてたまりませんでした。なぜ彼が急に敵になったのか、その理由がすべてわかった時には、涙が止まりませんでした。

 

ReReハロ

恋の始まりは胃袋を掴むことから!

実家がお金持ちで、一人暮らしをしている高校生の湊。実家から家政婦の派遣を止められてしまった湊はある便利屋のサービスを利用することにしました。便利屋からやってきたのは同じく高校生のリリコ。親が急病のため、代わりに派遣されてきました。湊はリリコが未成年のため、きちんと仕事をできるのか不信感を持っていました。しかしリリコの作る料理に胃袋を捕まれ、リリコが夕飯を作る代わりにリリコの家の便利屋の仕事を手伝うという条件で、雇用関係を結ぶことになります。日々、やり取りをするうちに、お互いが気になるようになり徐々に距離が近づいてきます。

好青年でハイスペックに見えていた湊は実は我儘で、生活能力がまるでないのがギャップで良かったです。リリコと湊の2人が徐々に惹かれあっていく姿は胸キュンするシーンが多く、読んでいてドキドキします。育った環境が2人とも異なり、お金持ちの家の子と庶民の家の子ですが、意外とリリコの方が強いのかなと感じられるのもバランスが良かったです。また、リリコの作る夕飯がいつも美味しそうなところもこの漫画のポイントかなと思います。湊がそれを美味しそうに食べるので、こちらもお腹が空いてしまいます。主人公の2人以外の登場人物も魅力的です。最初は意地悪なのに、リリコと触れると最後はみんな良い人なんだなとわかります。最後は気持ちよく読み終われる作品です。

 

ロマンチカ クロック

理想が散りばめられた双子の成長記録。

中学生の男女の双子である兄・蒼と妹・茜の2人は幼い頃から比較され、中学生になる頃には2人の間には大きな確執ができてしまっていた。そんな中、茜は好きな人に振り向いてもらうため、引きこもりがちだけれど頭のいい蒼に勉強を教わることに。それをキッカケに2人の止まっていた時間が動き出す。仲が悪く見えていた2人、しかし実際はいつもお互いのことを大切に思っていて、お互いの存在が行動の原動力となっていた。茜は蒼と同じフィールドに立つため、蒼の志望校である難関校への受験に挑戦する。勉強が苦手な茜は受験勉強に励みながらも、蒼と共に恋愛や友人関係など様々な経験を送っていく。双子の温かい絆や成長を感じることが出来る笑いあり涙ありのドタバタ青春物語!

主人公の茜は勉強ができる方ではなく、頭のいい蒼に教えてもらいながら受験勉強に力を入れる姿には感動してしまいます!周りからは絶対に無理だと思われていた難関校への挑戦など、双子の二人が互いに支え合いながら成長していく様子は見ていて自分も青春時代に戻りたくなってしまいます。本末転倒な気もしますが、テスト期間に入ると必ずこの作品を読んで気合を入れてから勉強していました(笑)。また、この作品に出てくる部屋のインテリアや服がとてもオシャレで、ストーリーだけでなく衣装や背景までじっくりと楽しむことができます!女の子の理想が沢山詰まった作品です!

 

私たちはどうかしている

ドロきゅんとミステリーの融合

七桜の母は和菓子職人として光月庵で、幼い七桜を連れ住み込みで働くことになる。光月庵には、七桜と同い年の跡継ぎ椿がいた。椿は七桜を「さくら」と呼び、こっそり母屋から七桜の部屋に遊びに行き仲良くなり、互いの初恋に。ある日、椿の父が殺害される。その犯人として七桜の母が椿の証言によって挙げられた。初恋は憎しみに変わってしまう。七桜も和菓子職人となったある日、若い男性から七桜宛の母からの手紙を受け取る。「私はやっていない」後日、ある和菓子コンペで椿と再会するも椿は気付かない。このコンペの後、「勝手に決められた結婚を破談にしたいから結婚してくれ」と言われ、七桜は母の無実を証明するチャンスと受け入れた。破談に成功し、七桜は婚約者として光月庵に潜入することになる。椿の父殺害の真相は?椿は七桜にいつ気付くのか?

浜辺美波が七桜を、横浜流星が椿を演じたドラマの原作漫画。光月庵の正統な後継者が決まった先の話が気になり読み始めました。初恋がこんな形で憎しみに変わってしまう衝撃的な始まりですが光月庵にとっては序章で、もっとたくさんの深い秘密に引き込まれていきました。現在は、椿の父を殺害した真犯人が推測されていますが、その人物に対してとても冷やかな感情が沸いてきます。しかし、本人はまだ何も語っていないので確定ではないですが、状況証拠だけは揃ってきています。初恋が憎しみに変わってしまったという悲しい状況がどうなるか最後まで読んでいきたいと思います。

 

ヲタクに恋は難しい

筋金入りのヲタクに恋は出来るのか!?

隠れ腐女子の桃瀬成海は転職先で幼馴染の二藤宏崇(重度のゲームヲタク)と再会。危うく転職先でヲタバレするが、なんとか危機を回避。腐女子ばれをきっかけに彼氏と別れた成海だったがゲーム、残業、さらにコミケの売り子同伴可など、まあ、なんやかんやで宏崇と付き合うことになる。しかし成海は擬態してきた隠れヲタク、素の状態でお付き合いをしたことがない。宏崇もゲームばっかりで付き合ったことがない。不器用なヲタク同士の恋はかなり難しくて…。腐女子、漫画描き、ゲーヲタ、コスプレイヤー、浅く広くなライトヲタ、濃ゆいヲタクたちによる、爆笑必須のラブ?コメディ!

ヲタクあるある満載。ヲタクなら大体どれかに共感できるし当てはまる。ヲタクじゃなくても笑えるであろう面白さがある。突然のドラクエ演出、かと思ったらとんでもない少女漫画演出。元ネタがわからなくても大丈夫な仕様になってます。成海ちゃんは宏崇に対してのみ鈍くなるので全力で宏崇を応援中。頑張れ。職場の先輩、樺倉先輩と花ちゃんは大丈夫です。くっついてるから大丈夫です。ヲタ恋は女性陣のヲタク濃度が高いですがヲタク的には女性陣の言動に共感しかないんですよね。男性陣はあんまりヲタクっぽい言動はしてないです。でもヲタクです。かっこいい、いい男が見たい人は樺倉先輩をオススメしておきます。彼はいい人でいい男。ゆっくり進む恋愛と、激しいヲタク脳のギャップに笑う事間違いなし!

 

最後に:長編の少女漫画100選

今回は長編のおすすめ少女漫画を紹介していきました!

どの少女漫画も長編となっているので、読み応えが十分です!

気になる作品があれば是非チェックしてみて下さい!

-少女漫画
-